top > よくある疑問

よくある疑問

中古車の買取をはじめて行う場合には、みなさん同じような疑問・質問が頭に浮かんでくると思います。よくある疑問・質問を10個あげ解説しております!

よくある疑問・質問

 中古車を車買取査定業者に初めて売却する際、誰でも不安を抱き、さまざまな疑問質問が生じるものです。ここでは中古車の売却時に起きるユーザーのよくある疑問・質問をまとめ、その回答を紹介しています。中古車売却時の参考にしてくださいm(_ _)m

車買取査定業者のサイトを見ると査定は無料と表記されているけれど本当?
ガリバー ラビットT-UPなど大手で信頼性の高い買取業者は、サイトからの査定だけでなく実際に売却予定者の指定した場所に出向いて行う査定も無料で行っています。ただし業者によっては買取が実施できない場合に限り、出張査定費用を請求してくるところもあるので、実際の査定依頼の前に電話確認しておくことをお勧めします。
実際の査定はどのくらいの時間がかかるの?
買取業者によって違ってきますが、10~30分程度です。チェックポイントは数多くあるので、あまり短い時間で査定を済ませる業者は信頼度が低いと考えて間違いありません。
実際の査定を複数の業者に依頼してもいいの?
もちろん構いません。逆に複数の業者に依頼する方が、競合相手ができることから高い買取価格を提示してくる可能性があります。業者側も競合相手がいることは想定内で、売却主側の時間の都合がつかなければ、一度に複数の業者を集めて査定を行っても問題ありません。(車買取業者間で価格競争させる!
売却前に車の凹みやキズは修理した方がいい?
修理はしない方が賢明です。車買取査定業者のほとんどは自社修理工場を持っており、売却前にメンテナンスをして車をきれいな状態に戻します。したがって修理した費用ほど買取価格の上乗せが期待できず、むしろ買取価格は結果的に低くなると覚えておいてください。
社外品のエアロパーツやサスペンションなどは取り外した方がいい?
社外品の取り付けは改造扱いとなり、査定のマイナス対象となります。車を売却する際、ノーマルのコンディションが求められるので取り外した後にキズが残らなければノーマル状態に戻し、社外品はオークションなどで売却することをお勧めします。
売却する際に必要な書類は?
発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自動車納税証明書、車検証、自賠責保険証、リサイクル券の5種類に実印です。
売却予定の中古車に残債があるんだけれど売れる?
ローン中の車は所有者がローン会社、あるいは販売店になっています。したがって完済しなければ売却することはできませんが、車買取査定業者の中には残債分を買取価格から差し引いて一括返却の手続きを行うサービス、さらに残債金額が買取価格を上回っている場合でも残債分を再ローンにするサービスを実施しているところがあります。残債のある車を売却する時はこれらのサービスを実施している業者を選んでください。
売却後のキャンセルは可能?
車買取査定業では売却後のキャンセルは大きな問題となりましたが、現在は業界内で統一に向かっており、車両引取後、一定の期間までは無償キャンセルが可能となりました。ただし業者側がオートオークションへ出品した後、あるいは売却先への移動後になるとキャンセル料が発生します。キャンセル料に関しては売却の際、必ず業者側に確認することをお勧めします。
売却後の名義変更は業者が行ってくれるの?
名義変更は基本的に業者側が行います。名義変更が行われないとさまざまなトラブルの原因となるため、確実な手続きの完了が望ましいのですが、業者によっては手続き完了を売却主に知らせないところがあります。いつまでに名義変更の手続きを行い、その完了報告をどのような形(電話連絡や車検証のコピー郵送など)にするのか、契約前に確認してください。
売買契約書に書かれている瑕疵担保責任ってなに?
瑕疵とは通常の注意で発見できない隠れたる重要な欠陥を意味します。車売却の際、買取業者が契約後に車両を引き取り、二次査定(車両検査)を行った時に瑕疵が見つかった場合、買取業者は売却主に相当の損害を請求できるという内容です。業者の中には瑕疵担保責任を盾に買取後、減額を請求するケースが続いて社会的な問題となりましたが、現在は消費者契約法によって故意に隠していない限り、瑕疵担保責任による減額は認められない状況に向かっています。瑕疵担保責任に不安を抱く人は契約書に条項が入っているかどうか確認し、入っていた場合は実際の査定を徹底的に行わせ、そこで瑕疵が見つからなかったら契約書の備考欄に「瑕疵担保責任は問わない」という一文を記入してもらうようにしてください。

車を高く売るためにやること

車を少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をして業者間で価格競争をさせることが大切です!まずは下記の一括査定サイトでネット査定をして参考価格情報を集めましょう!その後実際に見に来てもらって、実際の買取価格を収集してから業者間で価格競争させることが大切です!ちなみに「試しに自分の車の価格を知りたい。」という軽い気持ちでの利用もOKです!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手どころに一括で見積もりをとることができます。ここさえおさえておけば他のところで見積もりを取る必要は特にありません。

廃車ラボ

こちらは不動車・事故車・放置車・鍵なし車など、一般的な買取業者ではなかなか値段がつかないような車専門の買取業者です。廃車の引き取り費用・廃車手続き代行費用・スクラップ費用もすべて無料でやってくれます。全国対応ですので難ありな車を売りたい方におすすめです!

ちなみにガリバー には「ガリバー廃車パック」という廃車専用のプランがあり、査定価格0円の場合でも無料で引き取りから廃車手続き、税金や強制保険の還付金手続きまで行うというサービスがあります。

※ 人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW