top > 車種別車を高く売る方法 > ゴルフ

ゴルフを買取でさらに高く売る方法をグレード年式別に解説!

ゴルフが高く売れるイメージ画像

ゴルフのタイプ・JC08モード燃費(km/L)・全長・全幅・全高・エコカー減税・新車価格帯・中古車相場価格帯などをまとめ、買取状況や高く売るコツもご紹介!ゴルフを高く売るならこちらから

最も高く売れた方法

本題に入る前に、車を高く売ることができる2種類のサービスをご紹介しておきます!

公式:かんたん車査定ガイド

自分で複数の買取業者を競争させるならこれ!

公式:ユーカーパック

自分で競争させる必要なし!オークション形式で自動的に価格を上げるならここ!

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

こんなゴルフをお持ちなら高く売れる可能性"大"!

高く売れるグレード

  • TSIコンフォートライン
  • TSIコンフォートラインブルーモーションテクノロジー
  • TSIハイライン
  • TSIハイラインテックエディション

高く売れるカラー

  • ディープブラックパールエフェクト
  • オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト
  • タングステンシルバーメタリック

高く売れるオプション

  • テクノロジーパッケージ
  • レザーシートパッケージ
  • Discover proパッケージ

ゴルフってどんな車?

VWゴルフの画像
メーカー 車名 タイプ 燃費
フォルクスワーゲン ゴルフ ハッチバック 19.9~21.0km/L
全長 全幅 全高 エコカー減税
4265mm 1800mm 1460mm 免税
室内長 室内幅 室内高 排気量
-mm -mm -mm 1197~1394cc
新車価格帯 中古車相場価格帯 ※直近5年前後
264万~540万円 90万~480万円

「安全をすべてに優先する」をコンセプトに、40年以上にわたり支持を集め続けているクルマがゴルフです。機能的なデザインから導き出される運転のしやすさや走行性能が高く評価されています。ゴルフの大きな特徴となっているのが安全性能です。

ゴルフにはレーダーセンサーにより先行車を確認し、自動で加減速を行いつつ車間距離を保つアダプティブクルーズコントロール、走行時の予期せぬ障害物の回避やすべりやすい路面での横滑りを防ぐエレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム、65km/h以上で走行しているときにカメラにより走行車線をモニタリングし車線の逸脱を防ぐレーンキープアシストシステム、ステアリング入力や角度からドライバーの疲労を図るドライバー疲労検知システムなどが搭載されています。

これらの先進テクノロジーにより安全な運転をアシストします。

以上に加え、一歩先を行く走行性能も魅力です。ゴルフには、直噴技術と効率よく空気を送り込む過給機により力強いトルクと優れた燃費性能を両立したTSIエンジンが搭載されています。

ここに2つのクラッチにより切れ目のない加速を実現する7速DSGトランスミッションが組み合わされています。これらにより、走る歓びを感じる走行と優れた環境性能を実現しています。

以上の通り、ゴルフは信頼の歴史最新のテクノロジーを組み合わせたクルマです。世界中から高い評価を受けています。

ゴルフの買取状況

高値買取のグラフ

ゴルフの買取価格は高い水準を維持しているといえます。もちろん、買取価格は年式と走行距離などから影響を受けますが、不当な値崩れはなく価値に応じた評価を受けられるクルマといえます。

2012年に7代目が登場していますが、現在のところそれ以前のクルマに大きな価格変動は見られません。もちろん、2012年以前のクルマの評価は少し低くなっていますが、それほど気にする必要はないといえます。

非常に人気の高いクルマなので、多くの中古車買取店が仕入れを希望します。売却する方は、中古車一括査定で複数の中古車買取店から査定を受け、条件の良い店舗を探したほうが良いといわれています。

買取店同士で競合させれば、相場を上回る買取金額が期待できます。ゴルフを売却する方は、中古車一括査定をご利用になってみてはいかがでしょうか。

7代目ゴルフを高く売るなら3年以内が条件!

7代目ゴルフの画像
以下に、ガリバーの買取価格を参考にした7代目現行モデルの買取事例・査定額を表記します。

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ゴルフ R 平成25年式
(2013年式)
3万km 2018年6月 158.6万円
ゴルフTSIハイライン 平成28年式
(2016年式)
1万km パール 2018年6月 146.3万円
ゴルフTSIハイライン
ブルーモーション
テクノロジー
平成26年式
(2014年式)
1万km パール 2018年3月 134.0万円
ゴルフTSI
コンフォートライン
平成29年式
(2017年式)
1万km 2018年6月 127.3万円
ゴルフTSIハイライン
ブルーモーション
テクノロジー
平成26年式
(2014年式)
3万km 2018年4月 108.3万円
ゴルフTSIハイライン
ブルーモーション
テクノロジー
平成26年式
(2014年式)
4万km シルバー 2018年2月 94.1万円

2BOXハッチバックのベンチマークとなっているフォルクスワーゲンのゴルフ現行モデル7代目は2013年6月より国内販売されています。2017年度の輸入車台数はMINIに次いで第2位でした。歴史の長さを考えると国内でもっとも売れている車種といえます。

ゴルフは新型になってもデザインを極端に変えることはなく、先代モデルをリファインすることを優先しています。

いかにもドイツ車らしい設計思想ですが、中古車になると世代間の差異化が薄まるため、年式が新しいからといって必ず売れるとは限りません。

しかも7代目は登場からすでに5年以上経過しているので中古車市場には豊富な車数が流通しています。これらの状況からゴルフの買取価格は安値傾向となっています。

価格の相対として高く売れるのは新車販売価格555.9万円のスポーツモデルRです。ただし値下がり幅は大きく5年落ち走行距離わずか3万kmでも150~160万円が相場です。

Rはトランスミッションやエンジン回りで故障が発生すると部品代が高いこと、輸入車スポーツモデルを中古車で購入するユーザーはBMWやメルセデス・ベンツなどに流れ、Rを希望するユーザーは限られていることなどが理由です。

Rをさらに高く売るなら一般の買取業者だけでなくスポーツカー専門、あるいはドイツ車専門の買取業者も交えて交渉することをおすすめします。

中古車市場で売れ筋のゴルフはポピュラーなハイラインやコンフォートラインです。販売価格が比較的安いので買取価格も低く感じられますが、値下がり率は一般的なドイツ車と変わりありません。

燃費効率の良いハイラインブルーモーションテクノロジーは4年落ちとなる2013年式走行距離3万kmでも108.3万円の買取価格がつきました。

ハイラインやコンフォートラインをさらに高く売るなら3年落ちとなる前、状態の良いうちに買取業者の査定へ出すことです。

とくに2017年6月に行われたマイナーチェンジ以降でアクティブインフォディスプレイのオプションを装備したいェックエディションは中古車市場にそれほど出回っていません。180~190万円まで引き出すチャンスは十分にあります。

6代目ゴルフは状態の良さをアピールして高く売る!

6代目ゴルフの画像
以下に、ガリバーの買取価格を参考にした6代目の買取事例・査定額を表記します。

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ゴルフGTI アディダス 平成23年式
(2011年式)
4万km パール 2018年6月 87.3万円
ゴルフR 平成22年式
(2010年式)
8万km 2018年4月 80.6万円
ゴルフGTI 平成23年式
(2011年式)
7万km 2018年1月 74.9万円
ゴルフTSI
コンフォートライン
プレミアムエディション
平成23年式
(2011年式)
3万km 2018年5月 54.2万円
ゴルフTSI
トレンドライン
プレミアムエディション
平成23年式
(2011年式)
4万km 2018年5月 31.4万円
ゴルフTSI
コンフォートライン
平成21年式
(2009年式)
7万km ライトブルー 2018年1月 20.9万円

6代目ゴルフは2008年から2013年にかけて(一部7代目と重複)販売されました。6代目で高値がつくのはGTIやRといったスポーツモデルです。

5~6万km走行したGTIやRなどは中古車市場で比較的安い販売価格になり、需要が増えるからです。スポーツモデルは早く売るよりも、むしろたっぷり性能を楽しんで元を取ってから売却した方が得策です。

コンフォートラインやトレンドラインなどスタンダードなモデルは5万km前後と状態が良くても40万円前後が買取相場です。6万km以降になると故障発生率が高まるという懸念が買取業者にあるからです。

とくにツインクラッチのDSGは修理費が高く、30万円前後かかります。故障の予兆がほとんど感じられないので買取業者は走行距離と年式でリスクを避けるわけです。

したがって6代目を少しでも高く売るなら整備記録簿を見せ、ディーラーや整備工場で行っている定期的なチェックを積極的にアピールしてください。

5代目以前のゴルフではスポーツモデルが高く売れる可能性あり!

5代目以前のゴルフの画像

2004年から2009年まで(一部6代目と重複)販売された5代目以前になると、スタンダードモデルはほとんど買取価格がつきません。買取価格が期待できるのは6代目と同じくR32やGTIなどのスポーツモデルです。

とくにGTIはターボチャージャー付き2.0Lエンジンを搭載しており、走行性能に関しては現在のスポーツモデルと比較しても十分にパフォーマンスを発揮します。走行距離6~7万kmであれば15~20万円を目標に交渉してください。

スタンダードモデルでもサンクスエディションや25Mエディションといった特別仕様車であれば買取価格がつく可能性はあります。

少しでも高く売るならネットの 一括査定サイトを利用して、できるだけ複数の買取業者に査定依頼することをおすすめします。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~5000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

グーネット買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る