top > 事故車について【目次】 > 事故車と認定される条件

事故車と認定される条件

事故車には、事故現状車と修復歴車があります。このページでは、重要骨格部位の修理を行った場合など、修復歴車と認定される条件について具体的に解説します。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

事故車と認定される条件

自動車における事故車とは、2つの意味合いがあります。1つ目は、事故現状車です、これは、交通事故や単独事故によってクルマが大きく破損し、修理せずにそのままの状態である車のことを指します。

2つ目は、修復歴車です。これは、事故によって破損したクルマを修理し、元の状態に近づけたものを指します。

また、修復をしない場合でも、重要骨格部位に該当する部分に破損や曲がり、歪みなどがある場合には、修復歴車となる場合があります。ここでは、修復歴車と認定される条件を考察してみます。

重要骨格部位の修理は修復歴車となる

では、どの部位を修理すると、修復歴車となるのでしょうか。これは、中古車業界の組合や情報誌発行企業などが参画して設立した自動車業界団体「自動車公正取引協議会」が定めた「自動車公正規約」に定められています。

修復歴車の認定基準

これによると、たとえば、ボンネットタイプのクルマの場合、『①フレーム(サイドメンバー) ②クロスメンバー ③フロントインサイドパネル ④ピラー(フロント、センター、リア) ⑤ダッシュパネル ⑥ルーフパネル ⑦フロアパネル ⑧トランクフロアパネル ⑨ラジエターコアサポート』を交換または板金修理したクルマについては修復歴車に該当すると定めています。

但し、⑨ラジエターコアサポートについては、板金の場合は修復歴に該当せず、交換の場合のみ修復歴となります。

また、トランクフロア後方に位置するバックパネル(エンドパネル)やリアフェンダーについては、規約上は修理したとしても修復歴車とはならないことになっています。

しかし、これらの部位は、乗用車のモノコックボディの一部であり、ボルト等で固定されているわけではなく、特に交換の場合には、切開や溶接を伴う作業が必要となることから、修復歴にならないとする規約には疑問の声もあります。

実際には、これらの部位において外装パネルの交換や板金に留まる場合には修復歴とはせず、それらの内側にあるインサイドパネルやトランクフロアにまでダメージが及んでいるような場合には、修復歴車とする運用がなされています。

修復しなくても修復歴車になる場合もある

修復歴車になるのは、修復作業を施したクルマだけとは限りません。前述した重要骨格部位に曲がりや歪などのダメージが発生しており、それらを修理しない状態のクルマも、修復歴車とみなされる場合があります。

事故したから一律に事故車となるわけではない

よく、「交通事故に遭ったから事故車でしょ」とか、「他のクルマにぶつけられてへこんだドアを修理したから事故車」といった話を耳にしますが、いずれも間違っています。

修復歴車となるのは、前述したような重要骨格部位に関わる部分に問題があるクルマのみですので、注意しましょう。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る