top > 車買取業界【目次】

車買取業界【目次】

車買取事業の将来性、また車買取業界はこれからどうなっていくのかについて、ここでは具体的に考えます。自動車産業の不振や中古車の重要性など、解説します。

車買取業界【目次】

 若者の車離れが広がる中、車を購入する人が減るということは車を売る人も減るということであり、車買取業界もこれから厳しい時代になっていきます。そんな中、車買取業界はどうなっていくのか考えてみました!

全産業の中で車業界が占める割合は大きく、車業界に携わる労働人口も多いことから先進国における基幹産業となっています。車業界に関する知識は膨大ですが、多少でも基本的な情報を知っていれば車選び、車売却の役に立ちます。

車業界は地球規模の未来を考えて開発しなければならない状況に差し掛かっています。1970年代のオイルショック以降、燃費効率の改善に加えて環境保護のために内燃機関による排気ガスをクリーンにしなければ販売できない方向に進んでおり、この技術開発を怠ったばかりに、それまで車業界のビッグスリーと呼ばれたアメリカのクライスラーやGMは倒産に追い込まれました。

脱石油依存は世界中、どの車メーカーも目指すところですが燃費効率の向上や環境保護技術においては各メーカー独自開発となっており、ヨーロッパはエンジンのダウンサイジングやクリーンディーゼルと主体とし、日本ではハイブリッドが優先されています。

脱石油依存の本命であり、排出ガスが出ない電気自動車や水素燃料電池車、あるいは水素を直接の燃料とする水素自動車は不特定多数に供給するステーションの設置が遅れていることから普及までやや時間がかかるといった現状です。

燃費向上と環境保護対策の新技術はニューモデルが登場する毎に搭載されています。今後、それらの新技術は中古車市場で人気が出ることは間違いないので、車を最終的には車買取業者へ売却する考えを持っている人は、できるだけ燃費向上と環境保護技術を搭載したニューモデルの購入をお勧めします。

車を高く売るためにやること

車を少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をして業者間で価格競争をさせることが大切です!まずは下記の一括査定サイトでネット査定をして参考価格情報を集めましょう!その後実際に見に来てもらって、実際の買取価格を収集してから業者間で価格競争させることが大切です!ちなみに「試しに自分の車の価格を知りたい。」という軽い気持ちでの利用もOKです!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手どころに一括で見積もりをとることができます。ここさえおさえておけば他のところで見積もりを取る必要は特にありません。

廃車ラボ

こちらは不動車・事故車・放置車・鍵なし車など、一般的な買取業者ではなかなか値段がつかないような車専門の買取業者です。廃車の引き取り費用・廃車手続き代行費用・スクラップ費用もすべて無料でやってくれます。全国対応ですので難ありな車を売りたい方におすすめです!

ちなみにガリバー には「ガリバー廃車パック」という廃車専用のプランがあり、査定価格0円の場合でも無料で引き取りから廃車手続き、税金や強制保険の還付金手続きまで行うというサービスがあります。

※ 人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW