top > 査定価格・買取相場表 > bBを売る際の買取相場表

その査定価格本当?bBを売る際の買取相場表

bB

トヨタのbBは2000年から2016年にかけて販売されたサブコンパクトサイズのトールワゴンです。ボンネットとキャビンをボックス形状にして結合したアメリカン・ライクのエクステリアで、若年層男性を訴求対象して開発されました。

カスタマイズしやすい特徴を持っていることから訴求対象のストライクゾーンにはまり、2005年から2016年まで販売された2代目は登場からわずか1ヶ月の間に、月間目標5000台に対して約12500台を受注、スマッシュヒットの車種となりました。

中古車市場では現在でも人気車種であることから買取相場は高値で推移しています。

\1番多くの買取店に見積もり依頼ができるのはココ/

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

bBの買取実例・査定額

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
bB
Z-煌 G
平成25年式
(2013年式)
2万km 2017年8月 94.0万円
bB
Z-煌
平成25年式
(2013年式)
6万km 黒M 2017年8月 71.5万円
bB
Z-煌
平成24年式
(2012年式)
3万km 2017年8月 68.4万円
bB
Z エアロパッケージ
平成25年式
(2013年式)
3万km 2017年8月 59.3万円
bB
Z-煌
平成25年式
(2013年式)
8万km パール 2017年8月 50.4万円
bB
Z エアロパッケージ
平成21年式
(2009年式)
5万km 2017年4月 42.0万円
bB
Z エアロパッケージ
平成23年式
(2011年式)
8万km 2017年4月 38.0万円
bB
Z Qバージョン
平成20年式
(2008年式)
5万km 2017年5月 35.0万円
bB
Z エアロGパッケージ
平成21年式
(2009年式)
9万km 黒M 2017年4月 24.5万円
bB
S Wバージョン
平成15年式
(2003年式)
7万km 2017年6月 20.0万円
bB
オープンデッキ
平成13年式
(2001年式)
6万km 黄色 2017年7月 20.0万円
bB
Z Qバージョン
平成21年式
(2009年式)
9万km 2017年5月 11.0万円
bB
Z Xバージョン
平成20年式
(2008年式)
11万km パール 2017年7月 6.5万円

bB2代目は2005年から生産終了となる2016年まで販売されました。トヨタとしては異例とも言える長いスパンです。

このため、10年落ち車種まですべて2代目が対象となり、年式や走行距離よりも状態の良し悪しが査定額に影響する結果となりました。

買取実例の中で異彩を放っているのが初代2001年式走行距離6万kmのオープンデッキです。

キャビン後方をトラックのように荷台とし、ロールバーをルーフから荷台まで伸ばした個性的な車種でしたが販売不振のため、わずか2年で新車ラインナップから姿を消しました。

現在、希少性が高まっていることから16年落ちでも20万円の高額査定がつけられています。

買取実例だけでなく中古車市場でも流通車数が少ない3年落ちbB

2014式以降の3年落ち車種は現在、買取実例・査定額にありません。また中古車市場で流通している車数も少ないのが現状です。

流通が少ない背景にはモデル末期の年式で後継車がないことからユーザーが手放さないという理由があり、これがbB全体の査定額底上げにつながっています。

少ない中古車市場から3年落ち車種の買取相場を予想すると、2015年式走行距離2万km前後のS 煌は95万円前後、Z 煌は同走行距離で100万円前後となります。

新車販売価格はそれぞれ約180万円、約190万円なのでサブコンパクトクラスとしては下落幅の少ない車種です。

5年落ちbBは過走行でも高値確実

5年落ち以上10年未満の車種はbBのボリュームゾーンとなります。査定額最高値は2013年式走行距離2万kmのZ-煌 G、94万円です。

3年落ちでも100万円前後が査定額となっているので、かなり高額の買取実例といえます。

その他、同年式走行距離3万kmのZエアロパッケージが59.3万円の査定額がついており、走行距離5~6万kmで普通の状態ならば50~60万円が買取相場となります。

走行距離7万km以上でも状態がよければ高値が期待できます。2013年式Z-煌は走行距離8万kmで50.4万円の査定額がつきました。

ただし過走行で高値の査定額がつくのは2010年式前後までとなっており、2009年式ZエアロGパッケージ走行距離9万kmになると24.5万円しかついていません。

それでもサブコンパクトサイズとしては高値の査定額を維持しています。

10年落ちbBでも状態さえ良ければ15~20万円が期待できる

製造終了したサブコンパクトカーで10年落ちになると一般的にはほとんど査定額はつきませんが、bBの場合、状態さえ良ければ15~20万円が買取相場となります。

初代モデルとなる2003年式SWバージョン走行距離7万kmは10年落ちで最高値となる20万円の査定額がつきました。

10年落ち以上のbBは買取業者の再販需要で査定額が変わってきます。上下幅は少ないのですが変動サイクルが早いため、査定額は不安定状態です。

少しでも高く売却したいのであれば買取業者を1社に限定せず、ネットの一括査定サイトを利用して複数業者に査定依頼する方が高値を引き出すことができます。

まとめ

bBはすでに製造終了している車種ですが、現段階ではbBと同サイズの新車で後継またはライバルとなる個性的な車種が見当たらないため、買取相場は当分の間、高値傾向が続くと予想されます。

3年落ちでも5年落ちでも型式は同じなので、今後、3年落ち車種が買取業者の査定依頼に出されても、状態さえ良ければ大きな変動はありません。

したがって売却するタイミングに決まった時期はありませんが、製造終了してから8年経過すると部品の欠損という可能性が出てきます。

故障すると当然、査定額は一気に下がるので快調なうちに早めの査定依頼を検討した方が高値売却を実現できます。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る