top > 査定価格・買取相場表 > ボンゴバンを売る際の買取相場表

その査定価格本当?ボンゴバンを売る際の買取相場表

ボンゴバン

マツダの商用バン、ボンゴバンは初代が1966年の発売と長い歴史を持つ車種です。エンジンを座席の下にレイアウトするキャブオーバー型を最初に採用した商用バンで、1BOXタイプという総称がない時代、キャブオーバー型は「ボンゴ型」と呼ばれていました。

日産や三菱にOEM供給を行っていた時もありましたが、現行モデル4代目はマツダのみの販売となっています。

4代目は1999年の発売とすでに20年近くフルモデルチェンジを行っていません。

商用バンとしての基本性能が古くなっていることから中古車市場でのニーズが低く、買取価格は安値傾向です。

少しでも高い買取価格を望むのであればネットの一括査定サイトを利用し、複数業者に査定依頼することをおすすめします。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

ボンゴバンの買取実例・査定額

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ボンゴバン1.8DX
ワイドロー
平成24年式
(2012年式)
6万km ホワイト 2017年11月 42.0万円
ボンゴバン1.8DX
低床
平成26年式
(2014年式)
7万km ホワイト 2017年10月 32.9万円
ボンゴバン1.8DX
低床
平成26年式
(2014年式)
8万km ホワイト 2017年11月 31.8万円
ボンゴバン1.8DX
低床
平成26年式
(2014年式)
8万km ホワイト 2017年11月 29.8万円
ボンゴバン1.8DX
低床
平成26年式
(2014年式)
9万km ホワイト 2017年9月 27.0万円
ボンゴバン
ベースグレード
平成23年式
(2011年式)
5万km ホワイト 2017年10月 26.4万円
ボンゴバン
ベースグレード
平成24年式
(2012年式)
3万km ホワイト 2017年9月 23.2万円
ボンゴバン1.8DX
低床
平成26年式
(2014年式)
9万km ホワイト 2017年9月 20.8万円
ボンゴバン
ベースグレード
平成22年式
(2010年式)
3万km ホワイト 2018年1月 18.0万円
ボンゴバン2.2DX
低床ディーゼル
平成21年式
(2009年式)
12万km ホワイト 2017年10月 14.5万円
ボンゴバン 2.0GL低床
ディーゼルターボ4WD
平成18年式
(2006年式)
10万km シルバー 2017年9月 14.3万円
ボンゴバン1.5DX
ワイドロー
平成18年式
(2006年式)
12万km ホワイト 2017年9月 7.0万円
ボンゴバン1.8DX
低床
平成24年式
(2002年式)
14万km ホワイト 2017年10月 5.0万円以下

現行モデル4代目に搭載されているエンジンは直列4気筒1.8Lのガソリン仕様だけです。

初期モデルには2.0Lと2.2Lのディーゼル仕様も用意されていましたが、2010年の一部改良の際、平成22年排出ガス規制に適合しないことから製造終了しています。

またボンゴバンは後輪に小径のダブルタイヤを装着、タイヤハウスのないフラットな荷室を持つモデルもありましたが、現行モデルではダブルタイヤ仕様も姿を消しています。

ガソリンエンジン仕様はJC08モード10.8km/Lと燃費効率が悪く、しかもディーゼル仕様に比べると耐久性で弱いことが査定額を低くしている要因のひとつになっています。

ボンゴバン唯一の特徴は4WDがパートタイム方式なのでマニュアルシフトを選ぶと2速の副変速機がつくことです。

坂道や未舗装地の配達では4輪をロックした状態で走行できるため、やや高値買取が期待できます。

3年落ちボンゴバンでもガソリン仕様の高値買取は期待薄

3年以上5年落ち未満の車種はすべてガソリンエンジン仕様となるので買取実例は安値傾向となっています。

最高値となったのは2014年式走行距離7万kmのDX低床仕様で32.9万円でした。低床とワイドローは同じグレードで後輪に小径のダブルタイヤを装着したモデルです。

2016年のマイナーチェンジでダブルタイヤ仕様は廃止となり、すべてシングルタイヤとなりました。

ワイドローに比べるとタイヤハウスが荷室にある分、積載性能が劣ることから販売台数は極端に少なくなっており、その影響で2016年以降のモデルは今のところ買取実例にありません。

3~5年落ち車種でワイドローのグレードであれば30~40万円が買取相場です。

5年落ち車種はボンゴバンの買取ボリュームゾーン

5年以上10年落ち未満の車種は買取実例のボリュームゾーンとなります。最高値となったのは1.8DXワイドロー2012年式走行距離6万kmの42.0万円でした。

高値の理由は年式が比較的新しく、走行距離も短いことです。ガソリンエンジン仕様でも状態が良ければ高値で買い取られる可能性があるという実例です。

ボリュームゾーンには1例しかありませんが、ディーゼルターボは中古車市場で人気車種となっています。

とくに走行距離が短い車種は高値買取が期待でき、2010年前後の登録モデルで走行距離5~6万kmであれば50~60万円で買い取られるケースもあります。走行距離10~12万kmの場合は20~30万円が相場となります。

10年落ち以上のボンゴバンでもディーゼルなら買取が期待できる!

10年落ち以上になるとガソリンエンジン仕様はほとんど買取価格がつきません。

たとえ状態が良くても故障頻度が高くなるのでリセールバリューが低くなるからです。

ただし、車種によっては買取価格がつく可能性もあります。2006年式走行距離12万kmのボンゴバン1.5DXワイドローには7万円の査定額がつきました。買取価格がつかないと諦めず、複数の買取業者へ相談する方が得策です。

ディーゼル仕様は耐久性があるため、10年落ち以上でも査定額がつきます。中古車市場では10万km以内の場合、2007年式でも60~80万円で販売されているので30~40万円の査定額がついていることになります。

また買取実例では2006年式走行距離10万kmの2.0GL低床ディーゼルターボ4WDに14.3万円の査定額がついています。10万km超えは15~20万円を目安に買取業者と交渉してください。

まとめ

マツダは2012年に商用バンやトラックの開発・生産から撤退することを発表しているので今後、ボンゴバンの新型が登場する予定はありません。

長い歴史を持つ車種が消えるのは残念なことですが、実利的に考えると販売終了予定車種は査定額が下がる傾向にあるため、売却を予定しているユーザーは早めに検討した方が得策となります。

他車に乗り換えるために下取りへ出したとしてもマツダ車は査定額が低めなので、高値を求めるのであれば買取業者へ査定依頼した方が賢明です。

ネットの一括査定サイトを利用すれば複数業者から問い合わせが来るので、その中からベストな買取業者を選んでください。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る