top > 査定価格・買取相場表 > リーフを売る際の買取相場表

その査定価格本当?リーフを売る際の買取相場表

リーフ

リーフは2010年から販売されている量産型の電気自動車です。販売当初はバッテリー充電時間に対する走行距離の短さ、充電ステーションのインフラ未整備から販売成績は振るわず、2度の値下げを行っています。

2015年のマイナーチェンジではバッテリー容量を従来の24kWhに加えて30kWhを設定、普及化を図りましたが、現段階での販売成績は低迷しています。

ただし、電気自動車の分野では日産が1歩リードしており、技術の進歩にもめざましいものがあります。

2017年6月に発売された2代目リーフは40kWhバッテリーを搭載、航続距離は約400kmまで伸びました。

現在、初代モデルの買取相場は底値ですが、充電ステーションのインフラ次第では高値に変動する可能性があります。

\1番多くの買取店に見積もり依頼ができるのはココ/

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

リーフの買取実例・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
リーフ X(30kWh)
サンクスエディション
平成29年式
(2017年式)
1万km 2017年9月 101.3万円
リーフ X(30kWh)
エアロスタイル
平成28年式
(2016年式)
2万km 2017年9月 101.0万円
リーフ G(30kWh) 平成28年式
(2016年式)
1万km 2017年9月 98.1万円
リーフ X(30kWh) 平成28年式
(2016年式)
2万km グレー 2017年9月 83.6万円
リーフ X(24kWh) 平成28年式
(2016年式)
1万km 2017年9月 70.9万円
リーフ G 平成27年式
(2015年式)
1万km 2017年9月 61.3万円
リーフ G 平成25年式
(2013年式)
3万km パール 2017年5月 56.4万円
リーフ G 平成25年式
(2013年式)
3万km ガンM 2017年8月 49.0万円
リーフ G 平成25年式
(2013年式)
6万km 2017年9月 47.1万円
リーフ X 平成27年式
(2015年式)
8万km 2017年9月 31.5万円
リーフ G 平成24年式
(2012年式)
3万km パール 2017年7月 26.1万円
リーフ S 平成25年式
(2013年式)
12万km パール 2017年9月 23.9万円
リーフ G 平成23年式
(2011年式)
4万km パール 2017年7月 21.2万円
リーフ G 平成23年式
(2011年式)
6万km 2017年9月 19.3万円
リーフ X 平成23年式
(2011年式)
12万km 青M 2017年9月 9.4万円

2017年10月に発売された2代目は従来のプラットフォームを使用しながらもバッテリー容量の拡大を実現、リーフのウィークポイントであったJC08モードによる一充電走行距離を400kmまで伸ばすことに成功しました。

その他、プロパイロットやe-Pedal、予防安全装置など日産の最先端技術が満載された車種に仕上がっています。

またエクステリアやインテリアも洗練されたデザインに変更されているため、先代モデルの型落ち感が強くなっています。

中古車市場で電気自動車の需要が少ないことに加えて、この型落ち感が買取相場下落要因のひとつになっています。

3年落ちリーフはディーラーと買取業者を競合させる

電気自動車の需要が新車でも中古車でも少ないのは、充電設備がないマンションやアパートでは所有するのが困難であることがその理由のひとつに上げられます。

逆に、電気自動車用の充電設備を自宅に備えると、買い替えのモデルがまた電気自動車になる可能性が高くなります。

買取実例の時期を見ると、リーフの2代目登場以降が圧倒的に多く、買取車種が一時的に増えたことも査定下落要因に上げられます。

日産の下取り価格を調べると、2016年式Gグレード(30kWh)は97.0~119.0万円となっています。一方、3年落ち車種で最高値となったのは2017年式走行距離1万kmのGよりも下のXグレードサンクスエディションで101.3万円、2016年式走行距離1万kmの下取りと同グレーのGは98.1万円といずれも日産の下取り価格範囲内に収まっています。

3年落ち車種の買い替えを検討するユーザーはディーラーと買取業者を競合させた方が高値を引き出すことができます。

ただし、いずれにしろ新車販売価格は約350万円以上、国や地方自治体からの補助金を入れても250万円は下らないわけですから、大幅な下落率であることは間違いありません。

マイナーチェンジ以前のリーフは45~55万円が買取相場

リーフは2012年からの販売なので、すべての中古車は8年落ち以内となります。

2015年に行われたマイナーチェンジ以前の車種はバッテリー容量が走行距離の短い24kWhであるため、5年落ち以上の車種は買取相場が一気に下がります。

2013年式走行距離3万kmのGは最高値で56.4万円でした。同年式同走行距離のGが49万円の査定額がついているので、5年落ち3万kmの買取相場は45~55万円が目安となります。

高値買取りが難しくなる5年落ち以上のリーフ

日産のバッテリー保証制度は5年または10万kmです。どちらか早い方が基準となっているため、買取相場も5年または10万kmに迫っている車種はさらに下がります。

2013年式走行距離12万kmのSグレードは23.9万円で、2年古い2011年式走行距離4万kmのG21.2万円とほとんど変わらぬ査定額になっています。

5年落ち以上の車種を売却する際は日産のバッテリーメンテナンス診断を受けて、バッテリー容量が落ち込んでいないことを確認、それをセールスポイントにして買取業者と交渉することをお勧めします。

まとめ

リーフは新型モデルが発売されたため、下取りや買取り車種が一時的に中古車市場へ出回ります。

この理由から買取相場は一時的に下落傾向となりますが、新車販売が落ち着くと若干、買取相場は上がります。

新車購入の予定はなく、売却だけを考えているユーザーは買取相場が落ち着いてから業者と交渉した方が得策です。

とはいえ、あまり売却を控えているとバッテリー保証期間が迫ってしまうので、高値で売却を希望するなら3年以内5万kmがメリットと想定しておいてください。

買取業者の需要によっては日産の下取り相場よりも高値がつく可能性もあります。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る