top > 査定価格・買取相場表 > リバティを売る際の買取相場表

その査定価格本当?リバティを売る際の買取相場表

リバティ

日産のリバティは2001年から2004年まで販売されていた5ナンバーサイズのロールーフミニバンです。

販売期間が短いのは当初、「プレーリーリバティ」というネーミングで1998年から販売されていましたが、2001年のマイナーチェンジで「プレーリー」の部分が取れたためです。

プレーリーの初代まで遡ると1982年になり、マイナーチェンジ前の3代目モデルは1998年から販売されました。

日産自動車創立70周年を記念した「G70th」やMD・CD一体型AM/FM電子チューナーなどを装備した「Gナビパッケージ」などの特別仕様車を投入しましたが、新型登場の予定がなく末期モデルであったことから販売成績は振るわず、中古車市場では不人気車種となっています。

\1番多くの買取店に見積もり依頼ができるのはココ/

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

リバティの買取実例・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
リバティ
Gナビパッケージ
平成14年式
(2002年式)
4万km シルバー 2017年7月 5.0万円以下
リバティ
Gナビパッケージ
平成16年式
(2004年式)
4万km シルバー 2017年6月 5.0万円以下
リバティ S 平成15年式
(2003年式)
7万km ゴールド 2017年9月 5.0万円以下
リバティ
Gナビパッケージ
平成25年式
(2003年式)
7万km シルバー 2017年9月 5.0万円以下
リバティ
Gナビパッケージ
平成14年式
(2002年式)
6万km シルバー 2017年9月 5.0万円以下

リバティが販売されていた頃、ステーションワゴンタイプのロールーフミニバンは人気車種のひとつで、トヨタからはイプサム、ホンダからはオデッセイ、三菱からはグランディスが販売されていました。

その中でリバティは扱いやすい5ナンバーサイズで7人乗り車内空間を確保しました。助手席側後部ドアを電動式スライドドアにしてスムーズな乗降ができるようにし、プラズマクラスターイオンを発生させるエアコンを装備するなど快適性を重視した設計で、ライバル車に引けを取らないロールーフミニバンとなっています。

しかし現在、ロールーフミニバンやステーションワゴンはユーティリティ性でトールワゴンに劣ることから走行性能が高くない限り不人気車種となっています。

リバティは直列4気筒2.0Lエンジンを搭載しているので約1.5tの重いボディでもパワーは十分に感じられますが、その分、燃費効率も悪く10.15モードで13km/Lしか走りません。この経済性も不人気車の要因です。

リバティ同様、イプサムやグランディスは正統な後継車種がなく、すでにブランド名が消滅しています。

10年落ちリバティは基本的に査定額がつかない

リバティは2004年に生産終了しているので、買取対象車種はすべて14年落ち以上となります。

5ナンバーサイズの車種は一般的に10年落ち以上になると中古車市場で希少性や需要が見込める車種でない限り、査定額がつきません。

リバティは人気薄で希少性もないため、買取実例にある車種はすべて査定額ゼロとなっています。

中古車市場の販売価格を調べてみると、最終登録年度で走行距離4~5万kmと状態の良い車種でも中心価格帯は15~25万円なので、買取実例の査定額は妥当といえます。

10年落ち以上のリバティでも特別仕様車は期待できる

中古車の中には稀に50~60万円で販売されている車種もあります。これらは車内が清潔であることに加えてエアロパーツなどオプションを装着しており、ワンオーナーであることが共通の特徴となっています。

また専用シートや電源コンセント、大容量バッテリーなどを備えたアウトドア・レジャー向きの特別仕様車「コールマンバージョン」のⅠ~Ⅲ型も状態さえ良ければ査定額がつくことがあります。

ただし、売却をする際、買取業者をⅠ社に絞ると正しく評価されない場合もあるので、ネットの一括査定サイトを利用し、できるだけ複数の業者に査定依頼をしてください。

10年落ち以上の車種は買取業者の再販ルートの需要で査定額が変わります。不人気車とはいえ、コールマンバージョンは若干の希少性があるので、10万円台の査定額がつく可能性は十分にあります。

まとめ

一般的な状態のリバティは残念ながら査定額はつきません。だからといって買取業者と交渉するのは面倒と考え、乗りつぶして廃車処理をするというのは早計です。

ほとんどの買取業者は査定額がつかなくても廃車処理を無料で行ってくれるところが多いので、査定依頼を行えば結果的に廃車処理を任せることができます。

またリバティはすでに修理する部品も品薄になっているので、販売も行っている買取業者の場合は使えるパーツがあると2~3万円の査定額をつけることもあります。

乗りつぶして完全に不動車となった時、ユーザー自ら廃車処理をするとレッカー代や廃車引き取り費用がかかり、さらに陸運局で抹消登録や自賠責保険、自動車税などの還付金手続きを行わなければなりません。

不具合が出る前に買取業者へ査定依頼した方が得策です。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る