top > 査定価格・買取相場表 > モコを売る際の買取相場表

その査定価格本当?モコを売る際の買取相場表

モコ

日産のモコはスズキOEM製の軽トールワゴンで、元車はMRワゴンです。2002年から2016年まで3代に渡って販売されました。日産色を強めるために歴代モデルはフロントマスクなどを変更していることが特徴です。

オリジナル色を打ち出した効果もあってモコはOEMでありながらブランド名がユーザーに浸透、好調な販売成績を上げました。この影響から買取相場は元車MRワゴンと変わらぬ価格で推移しています。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

モコの買取実績・相場

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
モコ ドルチェX 平成26年式
(2014年式)
1万km Dグリーン 2017年1月 71.6万円
モコX FOUR 平成24年式
(2012年式)
5万km ベージュ 2017年3月 47.7万円
モコX エアロスタイル 平成24年式
(2012年式)
4万km 2017年2月 46.7万円
モコE ショコラティエ 平成22年式
(2010年式)
1万km 2017年2月 43.0万円
モコX 平成24年式
(2012年式)
5万km ベージュ 2017年2月 39.6万円
モコE 平成22年式
(2010年式)
2万km パール 2017年2月 38.0万円
モコE
ショコラティエセレクション
平成21年式
(2009年式)
3万km ピンク 2017年2月 35.0万円
モコE FOUR 平成18年式
(2006年式)
4万km 2017年4月 33.0万円
モコS 平成26年式
(2014年式)
7万km 2017年4月 32.5万円
モコG ショコラティエ 平成22年式
(2010年式)
4万km 2017年2月 31.0万円
モコS 平成21年式
(2009年式)
4万km パールⅡ 2017年3月 31.0万円
モコE 平成21年式
(2009年式)
3万km ピンク 2017年5月 28.0万円
モコG 平成18年式
(2006年式)
7万km パール 2017年1月 11.0万円
モコE 平成16年式
(2006年式)
5万km 2017年5月 8.5万円

モコは軽トールワゴンといっても家族向けのオールラウンドなタイプではなく、個性的な女性に向けたパーソナルユースの色合いが濃い車種です。

ダイハツのムーヴやスズキのワゴンRなどに比べると中古車市場での人気が落ち、やや安値傾向となっています。

それでも元車MRワゴンの査定額とほとんど同じレベルを保っており、日産ブランドの強さが感じられます。

また女性ユーザーが多いことから状態の良い車種が揃っていることも特徴のひとつです。走行距離が低めであれば多少、年式が古くても高値で買い取られる可能性があります。

3年落ちモコの買取予想額は50~60万円

上記で最高値となったのは2014年式走行距離1万kmのハイグレードモデルとなるドルチェXで71.6万円がつけられました。

ベーシックモデルよりも高級感を加えたことが特徴となっており、その分、新車販売価格も約20万円高の約140万円であることが査定額の差になりました。

買取実績では3年落ち車種が他にないので中古車市場の販売価格から買取価格を推定すると、2015年式走行距離2万km前後のXは100万円を中心に販売されていることから、3年落ち車種の買取価格は50~60万円が相場と予想できます。

前述した最高値71.6万円はユーザーに取って、かなり好条件の取引といえます。

比較的安定した査定額の5年落ちモコの2代目

5年落ち車種はボリュームゾーンとなるだけに、買取実績も豊富にあります。

2012年式走行距離5万kmのX FOURには5年落ちの中で最高値となる48.0万円の査定額がつけられています。

3年落ち走行距離3万km以内の査定を上回る金額ですが、その他の車種を見ても40万円台が並んでおり、けっしてX FOURだけが特別待遇というわけではありません。

走行距離5万km以内、5~7年落ちで状態さえよければ40万円以上の査定額は確実となります。

5年落ちは2011年から2016年まで販売された最終モデル3代目が中心となります。

しかし初期年度登録車、あるいは2代目後期年度登録車でも査定額が一気に下がるということはなく、2009年式走行距離3万kmでEグレードのショコラティエセレクションが35.0万円で取引されるなど、5年落ち車は上限と下限の格差が意外と少ない傾向を見せています。

10年落ちモコは2代目であれば10万円前後の査定額がつく

2代目は7~8年落ち走行距離10万km未満であれば査定額がつきますが、10年落ちとなる初期年度登録で走行距離が10万km前後になるとかなり安値傾向になります。

2006年式7万kmのGグレードについた11.0万円は上限に近い査定額で、同年式走行距離5万kmのEグレード8.5万円が平均と考えた方が無難です。

2002年から2006年まで販売された初代は10年落ち以上となるので基本的には査定額がつきません。

走行距離が10万km未満であっても5万円以下が一般的で、6~7万円で買取が実現した時は好条件と思い、即決した方が得策です。

まとめ

モコの買取価格は今後、上記実績よりも高くなることはありません。

パーソナルユースの個性が強いので中古車市場では一定の人気を保っていますが、モコだけでなくOEM元車のMRワゴンも豊富な車数が流通しているので希少性が薄く、新しいパーソナルユースを目的とした車種が次々と中古車市場に流れてきているので、中古車販売店も早めに在庫処分したいのが本音です。

3代目最終年式は装備も充実しており、ライバルの軽トールワゴンに負けない魅力を備えているので1回目の車検前に売却すれば高値買取を実現できます。

その他のモデルや年式車でも早めに査定依頼する方が、上記査定額を下回らずに済みます。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る