top > 査定価格・買取相場表 > N-BOXを売る際の買取相場表

その査定価格本当?N-BOXを売る際の買取相場表

N-BOX

ホンダのN-BOXは2011年から販売されている軽スーパーハイトワゴンです。ホンダ独自の技術、センタータンクレイアウトを取り入れて車内空間を拡大、女性でも運転しやすいコクピット設計と小さな子供を安全に乗せられる充実した装備が人気を集め、2012年上半期では早くもダイハツとスズキを抜いて軽四輪車新車販売台数NO.1を獲得しました。

好調な新車販売の影響を受け、中古車市場でも高い人気を維持しています。軽スーパーハイトワゴンは中古車市場で車数が多く流通しているため、買取査定額はやや下がり値傾向となっていますが、その状況の中でもN-BOXは比較的高値傾向となっています。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

N-BOXの買取実例・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
N-BOX モデューロX G
ターボパッケージ
平成29年式
(2017年式)
1万km パール 2017年5月 116.8万円
N-BOX 2トーンカラースタイルモデューロX Gターボパッケージ 平成27年式
(2015年式)
1万km パール 2017年4月 111.5万円
N-BOX 2トーンカラースタイルモデューロX Gターボパッケージ 平成26年式
(2014年式)
4万km パール 2017年3月 108.0万円
N-BOX G 平成25年式
(2013年式)
1万km パール 2017年3月 89.9万円
N-BOX G・Lパッケージ 平成25年式
(2013年式)
2万km パール 2017年3月 85.0万円
N-BOX G・Lパッケージ 平成25年式
(2013年式)
3万km アイボリー 2017年4月 74.0万円
N-BOX モデューロX G
平成25年式
(2013年式)
5万km パール 2017年4月 71.6万円
N-BOX G・Lパッケージ 平成26年式
(2014年式)
3万km パール 2017年2月 68.5万円
N-BOX G・Lパッケージ 平成24年式
(2012年式)
3万km 2017年2月 61.5万円
N-BOX G・Lパッケージ 平成26年式
(2014年式)
6万km パール 2017年4月 51.5万円
N-BOX G 平成24年式
(2012年式)
8万km パール 2017年3月 43.7万円
N-BOX G 平成24年式(2012年式) 7万km シルバー 2017年4月 36.6万円
N-BOX モデューロX G
ターボパッケージ
平成29年式
(2017年式)
1万km パール 2017年5月 116.8万円

N-BOXの買取実績を見ると、年式や走行距離よりも状態の良し悪しが査定額の格差になっていることが分かります。

走行距離3万km以内であれば、多少年式が古くても新しい年式と変わらない買取が期待できます。

ただしボディカラーは高値を引き出すための大切な要素となります。イメージカラーとなっているパールに比べ、茶や黒といった地味系のボディカラーは2~3万円のマイナス要素となります。

パールよりも高い査定額がつくのは2トーンカラーです。N-BOXの2トーンカラーは5パターンありますが、すべて塗装専門の高技能者が細部までマスキングして手塗りを施しています。

1台ごとのハンドメイドとなっていることから中古車市場でも人気が高く、買取実績では同程度車のモノトーンより5~6万円の差が出ることもあります。

100万円超えが確実な3年落ちN-BOXのモデューロタイプ

3年落ち車種の中で確実に高値で買い取られているのがモデューロタイプです。

モデューロとはN-BOXだけでなくホンダ全車に共通する開発コンセプトで、量産車の足回りなどを改造、走行性能を高めたメーカーコンプリート車です。その第1号としてN-BOXが選ばれました。

新車販売価格がハイグレードのG ターボパッケージの場合、195.0万円と高額なことも高値買取の理由ですが、それ以上に中古車市場で品薄なこと、新車での購入を見送っていたユーザーが中古車で購入を求めていることが高値買取につながっています。

ターボ未装着の自然吸気モデルでも比較的高く買い取られており、2013年式で走行距離5万kmという条件でも71.6万円の査定額がついた実績があります。

5年落ち5万km以上のN-BOXでも高値買取に期待が持てる

一般的な車種の5年落ちは型落ちとなっていることが多く、査定額は一気に下がりますが、N-BOXは5年落ち車でも現行車と同じ型式であるため、値下がり幅が少なくなっています。

5年落ち車種は発売とその翌年の登録車となり、買取対象となる車種はあまり多くないので相場を出すのは難しい状況ですが、それでも状態が良く走行距離3万km以内であれば75~85万円、3万km以上5万km以内であれば50~70万円が査定額の中心相場となります。

また走行距離5万kmを超えても状態さえ良ければ比較的高値が期待できます。走行距離7~8万kmのミドルグレードGで36~47万円の買取実績がありました。

これは他の軽スーパーハイトワゴンと比較しても5~10万円ほど高い取引となっています。

ただし、相対的には高くても5万km以内に比べると落ち幅は大きくなります。N-BOXを高値で売却するならば、5万kmがボーダーラインとなります。

まとめ

N-BOXは2017年8月にフルモデルチェンジが決定しています。

フルモデルチェンジ直後は現行車の下取りと買取りが増え、それらの車種やディーラーの在庫車、デモカーなどが中古車市場に流入してくるため、中古車販売価格が一時的に下がります。

したがってフルモデルチェンジ直後に売却するのは安値になりがちなので得策ではありません。

一般的な傾向としてはフルモデルチェンジ後、3ヶ月から半年もすると中古車価格が落ち着くので、その状況を待ってから売却を検討してください。

型落ちとなるので現状のような高値傾向は期待できませんが、それでも中古車市場の人気車種であることに変わりはないので一般的な軽スーパーハイトワゴンの水準より下がることはありません。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る