top > 査定価格・買取相場表 > ノアを売る際の買取相場表

その査定価格本当?ノアを売る際の買取相場表

ノア

トヨタは国内販売市場で激戦区となっている5ナンバーサイズミニバンにノア、ヴォクシー、エスクァイアの3車種を投入しています。それぞれの車種はトヨタが得意とする販売網を駆使したバッジエンジニアリングによる3姉妹車で、基本構造は同じですがボディカラーやフェイスマスクで個性を変えています。

ノアは主にファミリー向けの比較的おとなしいエクステリアでしたが、2017年7月に大幅なマイナーチェンジを行い、フロントマスクを鋭角にしたアグレッシブなイメージに変えています。このマイナーチェンジが前期モデルの査定額にどのような影響を与えるのか注目されています。

\1番多くの買取店に見積もり依頼ができるのはココ/

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

ノアの買取実例・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ノアSi
ダブルバイビー
平成29年式
(2017年式)
1万km 2017年6月 208.6万円
ノアSi 平成26年式
(2014年式)
4万km パープル 2017年7月 194.4万円
ノア ハイブリッドG 平成28年式
(2016年式)
1万km パール 2017年7月 185.0万円
ノア ハイブリッドG 平成27年式
(2015年式)
3万km 2017年4月 172.3万円
ノアSi 平成24年式
(2012年式)
5万km パール 2017年2月 135.0万円
ノア ハイブリッドX 平成26年式
(2014年式)
5万km パープル 2017年6月 129.2万円
ノアSi 平成25年式
(2013年式)
5万km パール 2017年4月 112.7万円
ノアSi 平成23年式
(2011年式)
4万km パール 2017年3月 110.0万円
ノアSi 平成22年式
(2010年式)
5万km 2017年5月 95.0万円
ノアX
スマートエディション
平成21年式
(2009年式)
5万km シルバー 2017年2月 89.0万円
ノアSi 平成23年式
(2011年式)
7万km 2017年3月 80.5万円
ノアSi 平成19年式
(2007年式)
4万km パール 2017年4月 68.4万円
ノアS 平成20年式
(2008年式)
10万km 2017年2月 40.2万円
ノアX
リミテッド
平成18年式
(2006年式)
5万km パール 2017年4月 29.0万円
ノアS 平成17年式
(2005年式)
10万km 2017年3月 14.0万円

ノアは初代が2001~2007年、2代目が2007~2014年、3代目が2014年以降の現行モデルとなります。

きっちり7年ごとのモデルチェンジなので新車登場の時期が分かりやすいため、高値売却の時期が読みやすい車種といえます。

現行モデルにはガソリンエンジン搭載モデルとハイブリッド仕様がありますが、ノアに限ってはハイブリッドモデルの方が高値になるというわけではなく、同年式同走行距離であれば状態の良し悪しが査定に影響します。

トヨタ車は新車同様、中古車市場でも安定した人気があります。とくにノアはファミリー向けという幅広い訴求対象を持っていることからミニバンの中でもトップクラスの査定額がついています。

すでに10年落ちとなる初代でもスタイリングが古さを感じさせないため、状態の良い車種は20~30万円が査定相場となっています。

高値相場で取引される3年落ちノア

3年落ち車種はすべて現行車前期モデルになります。最高値のダブルバイビーは前期モデル最後の特別仕様車で、わずか半年ほどの乗車期間であることから208.6万円の査定額がつきました。

ハイブリッドモデルでは2006年式走行距離1万kmのGグレードが185万円で買い取られた実例があります。

新車販売価格が282万円であることを考えると100万円以下の落差はかなり高水準といえます。走行距離3万km以内であれば140~160万円が査定額相場です。

ただし、3年落ち車種でトヨタ車に乗り換える場合は下取りも検討することをお勧めします。走行距離1万km前後のハイブリッドGは下取り価格が190~200万円になります。

買取価格よりも高くなることが予想されますが、他メーカー乗り換えの場合はこれほどの査定額がつかないので買取に出した方が得策です。

5年落ちノアは2代目でも状態が良ければ3代目以上の査定額がつく

5年落ち車種は現行モデルと2代目が混在しており、買取のボリュームゾーンとなるので査定額も幅広い状況になっています。

2代目のエクステリアは初代のキープコンセプトであることから比較的大人しく、女性が運転しやすいエクステリアにまとめられています。

型落ち感があまりないため、2代目でも現行モデルをしのぐ査定額がつくケースがあります。2012年式走行距離5万kmのSiには135万円の査定額がつきました。

2代目の相場は80~120万円が目安となりますが、これは走行距離5万km以内という条件付きで、走行距離5万kmを越えると20万円以上の査定額落差が生じます。

2代目を高値で売却したいのであれば5万km前にネットの一括査定サイトを利用し、複数業者に査定依頼して高値を引き出してください。

10年落ちノアは10万km以前に売却すれば高値査定も期待できる!

10年落ち以上は初代が中心になります。

5ナンバーミニバンで10年落ちはほとんど査定額がつきませんが、ノアの場合、初代でもデザインにクセがないので古臭さが薄いため、中古車市場で需要があることから走行距離7~8万km内であれば15~25万円の査定額がつく可能性はあります。

2006年式走行距離6万kmのXリミテッドには29万円の査定額がつきました。ただし10万km超えになると査定額は一気に下がります。

2005年式走行距離10万kmのSグレードに14万円の査定額がついたのはいい方で、これより古い年式の10万km超え車種は査定額が5万円前後と想定しておいてください。

まとめ

ノアは7年ごとのモデルチェンジをサイクルにしているので、次のフルモデルチェンジは2020年になります。

2017年にマイナーチェンジでフェイスリフトを行い、前期モデルとの差異化を図っていますが、今の所は査定相場に大きな影響を及ぼす気配は見られません。当分の間は高値買取の傾向が続くと予想されます。

ミニバンはノアに限らず5万kmをボーダーラインとして査定額が落ちるので、売却を考えるなら相場変動に関わらず5万km以内で検討した方が得策です。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る