top > 査定価格・買取相場表 > ピクシスを売る際の買取相場表

その査定価格本当?ピクシスを売る際の買取相場表

ピクシス

トヨタが販売している軽自動車はすべてダイハツからOEM供給を受けており、ピクシスのブランド名をつけています。

燃費効率重視のミライースピクシスエポック、SUVタイプのキャストアクティバはピクシスジョイ、全高1.8mを超すウェイクはピクシスメガで、商用のトラックやバンもピクシスブランドとなっています。

販売台数が少ないことに加えてトヨタは軽自動車のコマーシャルをネットに限定しているため、ピクシスのブランド名が浸透していないことから買取価格はかなり安値傾向となっています。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

ピクシスの買取事例・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ピクシス メガG 平成27年式
(2015年式)
1万km パール 2017年4月 105.3円
ピクシス スペース
カスタムX
平成26年式
(2014年式)
1万km パープル 2017年3月 59.4万円
ピクシス スペースL 平成23年式
(2011年式)
3万km シルバー 2017年4月 43.4万円
ピクシス エポックL 平成25年式
(2013年式)
1万km ピンク 2017年1月 31.2万円
ピクシス エポックL 平成25年式
(2013年式)
1万km ピンク 2017年1月 29.2万円
ピクシス エポックG 平成24年式
(2012年式)
10万km シルバー 2017年2月 6.5万円

買取事例が少ないために車種別の買取相場が確立されておらず、買い手市場の価格になっています。

ブランドネームが低いことからたとえトヨタの軽自動車といっても中古車市場では不人気車種になるので、ダイハツの同車種よりも年式の浅い車種で5~6万、年式が古くなるほど下落幅が大きくなり、車種によっては20万円以上の差額が出ています。

3年落ちピクシスメガはウェイクより5~6万円安が相場

ウェイクのOEMとなるピクシスメガGが最高査定額をつけています。新車販売価格が約167.4万円と高額であること、中古車市場ではニーズが少ないアウトドア志向という趣味性が特徴であることを考えると平均以上の高値といえます。

中古車市場のピクシスメガG販売価格は120~150万円が中心価格帯となっており、実際の買取価格は100万円を下回るケースもあります。

ウェイクの買取価格は同程度の場合、110万円前後となっているので3年落ちピクシスメガはウェイクよりも5~6万円下がった買取価格が相場と想定してください。

販売終了した5年落ちピクシススペースは中古車市場で人気薄

5年落ちとなるピクシススペースはダイハツからムーヴコンテのOEMを受けている車種です。

2008年から販売終了した2017年まで1度もフルモデルチェンジをしたことがないため、中古車市場ではあまり人気がなく、OEM元車となるムーヴコンテでさえ高価買取価格が期待できません。

ピクシススペースの買取価格はさらに下がります。同グレードのムーヴコンテLが2010年式走行距離4万kmで54.0万円の実績があることに対して、ピクシスLは1年新しく走行距離も1万km短い状態で43.4万円となっています。これはカスタムでも同傾向です。

ピクシススペースも販売台数が少ないので買取相場が分かりにくいのですが、同程度であればムーブコンテよりも10万円安を下限と考えてください。

ピクシスは10年落ちにならなくても10万km走行だとヒトケタの買取価格

ピクシスエポックはトヨタの軽自動車の中で比較的売れている車種です。

OEM元車のミライースは燃費重視モデルなので、経済性を求める中古車ユーザーにとってはピクシスエポックもミライースも変わらず、また中古車販売店も同程度の中古車価格で販売されているため、買取相場はミライースと同じレベルを保っています。

ただしミライースは2017年5月にフルモデルチェンジを行っており、3年落ちの比較的新しい車種でも安値傾向となっています。

5年落ちになると走行距離1万km前後でも30万円前後が相場で、初年度登録となる2011年式になると走行距離5万km以内でも10万円前後、走行距離が10万kmに達していると10年落ちにならなくても5万円前後が上限です。

ピクシスエポックは新車販売価格がハイグレードモデルでも約120万円と安く、しかも中古車市場にはミライースやスズキのアルト、さらにOEM供給車などライバルが多くひしめいているので高値買取は期待薄と想定しておいた方が賢明です。

まとめ

トヨタが軽自動車をOEMで販売しているのはトヨタ車に乗っているユーザーがセカンドカーとして軽自動車を求める声があるからです。

ユーザーは軽自動車の質よりもトヨタのアフターサービスを望んでおり、購入した車種の売却に対しては積極的でなく、トヨタの新車を買う際の下取り車に出す傾向が見られます。

下取り価格は買取価格を下回りますが、ディーラーはその分、新車販売価格から値引きをすることでユーザーにコスト面の満足感を与えます。

したがってトヨタの中古軽自動車に高値をつけるのであれば、トヨタ車購入のための下取りがベストとなります。もうクルマに乗らないから、という場合でない限り、買取業者への売却はお勧めできません。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る