top > 査定価格・買取相場表 > フォルクスワーゲン ポロを売る際の買取相場表

その査定価格本当?フォルクスワーゲン ポロを売る際の買取相場表

ポロ

フォルクスワーゲンのポロは欧州Bセグメントクラスのコンパクトカーです。

日本では5ナンバーサイズに収まるため、都市圏の細い道路でも運転しやすいことに加え、ユーティリティ性に優れたハッチバックスタイルであることから輸入車の中では人気車種のひとつに数えられています。

しかし買取相場に関しては低価格設定であることも影響して査定額は国産のコンパクトカーと変わらず、輸入車特有の下落率が大きい安値傾向になっています。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

ポロの買取実例・査定額

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ポロTSI
コンフォートライン
平成28年式
(2016年式)
2万km 2017年8月 114.0万円
ポロ
ラウンジ
平成27年式
(2015年式)
1万km 2017年8月 107.0万円
ポロTSI
コンフォートライン
平成28年式
(2016年式)
1万km 2017年8月 89.0万円
ポロ ブルーGT
ブルーモーション
平成26年式
(2014年式)
3万km 黒M 2017年4月 79.6万円
ポロ
クロスポロ
平成23年式
(2011年式)
2万km オレンジ 2017年7月 69.6万円
ポロ GTI 平成24年式
(2012年式)
4万km シルバー 2017年8月 62.5万円
ポロTSI
コンフォートライン
平成27年式
(2015年式)
3万km ガンM 2017年8月 53.4万円
ポロTSI
ハイライン
平成22年式
(2010年式)
2万km 2017年7月 41.0万円
ポロTSI
ハイライン
平成23年式
(2011年式)
5万km 2017年6月 32.5万円
ポロTSI
ハイライン
平成22年式
(2010年式)
9万km 2017年8月 26.5万円
ポロ1.4
コンフォートライン
平成21年式
(2009年式)
4万km 2017年6月 20.3万円
ポロ
クロスポロ
平成21年式
(2009年式)
2万km 2017年8月 16.3万円
ポロ1.4
コンフォートライン
平成20年式
(2008年式)
6万km 2017年7月 13.0万円
ポロ GTI 平成19年式
(2007年式)
8万km シルバー 2017年5月 7.5万円

ポロの初代は1975年に登場、ゴルフよりもワンサイズ小さいエントリーモデルとして位置付けられました。

2009年に発売された5代目現行モデルは初代から続く2BOXハッチバックのコンベンショナルなエクステリアを継承しており、インテリアもシンプルながら上質にまとめられています。

これらの要素が日本のユーザー、とくに女性層を中心に人気を集める結果となりましたが、中古車になると事情が変わってきます。

現行モデルでも発売からすでに8年が経過しているので中古車市場に多くの車数が出回っていること、輸入車特有の消耗品や修理費が高いなどの理由から全体的に査定額が安くなっています。

3年落ちポロは状態さえ良ければ国産車並みの下落率

3年落ち車種で最高値となったのは2016年式走行距離2万kmのTSIコンフォートラインで査定額は114万円です。

新車販売価格は約227万円なので下落率はけっして悪くありません。

しかし他の車種を見ると低額査定が多く、同年式で走行距離が1万km短いTSIコンフォートラインは89万円、新車販売価格が約290万円のブルーGTブルーモーションは2014年式走行距離3万kmでも79.6万円に留まっています。

安値側では2015年式でも53.4万円の買取実例があるので、3年落ち車種は走行距離3万km以内の場合、70~80万円が買取相場として妥当な価格です。

新車販売価格からの下落率がもっとも高い5年落ちポロ

5年落ち以上10年未満の車種はポロ買取相場のボリュームラインとなります。

中古車市場の車数が3年落ち以上に多いため、買取相場は大幅に下落します。

新車販売価格が約328万円のGTIでも2012年式で走行距離わずか4万kmでも62.5万円、TSIハイラインになると2011年式走行距離5万kmで32.5万円まで下がります。

買取相場は5万km以内で状態の良い車種という条件付きで45~65万円と想定するのが妥当です。

10年落ちポロは輸入車専門業者も含めて査定依頼する

10年落ち以上の車種は5代目現行モデルと4代目が対象となりますが、残念ながら4代目はほとんど査定額がつきません。

エクステリア、インテリアともに型落ち感が強く、またデザインそのものが2001年の設計なので古くなっていることが理由です。

また5代目に関しても買取相場は10~20万円となっており、走行距離7~8万km以上になると10万円以上は望めません。

ただし、10年落ちでも機関さえ良ければ右ハンドル車が標準となっているニュージーランドやオーストラリアに輸出できる可能性があります。

査定額がつかないからと諦めず、ネットの一括査定サイトを利用して複数業者に査定依頼してください。

海外ルートを持つ買取業者であれば、思わぬ高値をつけることもあります。

まとめ

欧州車のフルモデルチェンジはスパンが長く、5代目現行モデルも発売からすでに8年が経過しています。

4代目が9年目にフルモデルチェンジしたことを考えると、5代目も間近と予想できます。新型が登場すれば現行モデルは型落ちとなって査定額ダウンは避けられません。

現行モデルの査定額はすでに安定期に入っており、今後、高値になる可能性はほとんどありません。現状の買取相場で売却を検討するなら早めの決断をお勧めします。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る