top > 査定価格・買取相場表 > プレマシーを売る際の買取相場表

その査定価格本当?プレマシーを売る際の買取相場表

プレマシー

マツダのプレマシーは3列シートを備えたミドルサイズのミニバンです。Aピラーからルーフエンドまで流麗なラインを描き、ボディサイドには空気の流れを感じさせる曲線のキャラクターラインを入れたスタイリッシュなエクステリアが特徴です。

マツダ車に共通する「走る歓び」のためにエンジンやサスペンションをSKYACTIV技術で調整、走行性能を高めていますが、現行モデル登場が2010年なので基本設計が古く、マツダがミニバン市場に新しいモデルを投入していないことから査定額は安値傾向になっています。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

プレマシーの買取実例・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
プレマシー20S
スカイアクティブ
平成28年式
(2016年式)
1万km パール 2017年9月 116.9万円
プレマシー20S
スカイアクティブ
平成26年式
(2014年式)
3万km 2017年8月 102.6万円
プレマシー20S 平成25年式
(2013年式)
4万km パール 2017年9月 95.3万円
プレマシー20C
スカイアクティブ
平成27年式
(2015年式)
2万km 2017年8月 77.9万円
プレマシー20S
スカイアクティブ
平成25年式
(2013年式)
3万km シルバー 2017年8月 70.9万円
プレマシー20S 平成24年式
(2012年式)
3万km Lブルー 2017年9月 62.7万円
プレマシー20S 平成22年式
(2010年式)
4万km 2017年9月 56.1万円
プレマシー20S 平成23年式
(2011年式)
5万km 2017年8月 49.4万円
プレマシー20C
スカイアクティブ
平成26年式
(2014年式)
4万km ワイン 2017年8月 48.1万円
プレマシー20S
プレステージスタイルⅡ
平成24年式
(2012年式)
3万km パープル 2017年8月 40.5万円
プレマシー20E 平成22年式
(2010年式)
3万km パール 2017年6月 32.7万円
プレマシー20S 平成20年式
(2008年式)
3万km シルバー 2017年7月 29.0万円
プレマシー20S 平成19年式
(2007年式)
6万km 2017年7月 16.2万円
プレマシー20E 平成22年式
(2010年式)
11万km 2017年9月 10.8万円

現在のミニバンは小さな子供が立って着替えられる1400mm以上が標準になっていますが、プレマシーはスタイリング優先で全高を1615mmに抑えているため、車内高はセダン並の1240mmしかありません。

また全幅は1750mmと小型車枠は超えているものの普通車枠としては小さめという中途半端なサイズになっています。

これがミニバン市場でライバル車と比較した時のデメリットになり、苦戦を強いられました。

中古車市場にはミニバンの車種が豊富に流通しており、プレマシーは不人気車であることから買取業者もリセールバリューの悪さを理由に査定額を低く設定しています。

ミニバンの中でも極端に低い3年落ちプレマシーの買取相場

3年落ち車種の対象となるのは2010年から販売されている現行モデル3代目です。

最高値となったのは2016年式走行距離1万kmのハイグレードモデル20Sスカイアクティブで116.9万円です。

新車販売価格が241.9万円、しかもミニバンの年式が新しいモデルは高めの買取相場で取引されていることを考えると、平均的な下落率を大きく下回った査定額といえます。

3年落ち車種の買取相場はさらに低くなります。2015年式走行距離2万kmとわずかに状態が落ちた同グレードは77.9万円まで下がりました。

走行距離3万km以内の場合でも70~90万円が買取相場の中心価格帯となります。

5年落ちプレマシーの買取相場は40~60万円

5年落ち以上10年未満の対象車種は現行モデルと2代目です。

買取実例のボリュームゾーンとなっていますが、査定額は走行距離5万km以内でも40~50万円台が多く、最高値でも2012年式走行距離3万km20Sの62.7万円が上限でした。

3代目に基本コンセプトを引き継いだ2代目は性能面で大きな違いはなくてもデザイン的に型落ち感が強いため、買取相場は20~30万円まで下がっています。

走行距離5万kmを超えると10万円台まで下がることが予想されるので、売却を検討しているユーザーは早めに決断した方が得策です。

10年落ちプレマシーは複数業者へ査定依頼する!

10年落ち以上の2代目は中古車市場の需要が極端に落ちることから買取相場は10万円台が上限と想定しておいた方が無難です。

10万km前後まで走行距離が伸びていると一桁台になることも考えておく必要があります。

ただしミニバン専門の買取業者であれば独自のルートによる需要が見込まれるので、一般的な買取業者よりも高値となる可能性があります。

少しでも高値を引き出したいのであればネットの一括査定サイトを利用、複数業者へ査定依頼することをお勧めします。

まとめ

現在、マツダは3列シートモデルをSUVのCX-8に絞っており、プレマシーの新型が登場する気配はないので現行モデルが型落ちになることはありません。

したがって現在の相場は大きく変動することはありませんが、マツダの統一デザインから外れている車種だけに人気は薄く、査定額は右肩下がりになることは間違いありません。

とくに走行距離5万kmを超えると大幅な減額対象となります。年式を問わず早めの決断が高値売却のコツとなります。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る