top > 査定価格・買取相場表 > スペーシアを売る際の買取相場表

その査定価格本当?スペーシアを売る際の買取相場表

スペーシア

スズキのスペーシアは全高1.7mを超すスーパーハイトワゴンです。軽自動車の主流がスーパーハイトワゴンになったことから開発されましたが、発売が2013年と遅く、すでにスーパーハイトワゴンのシェアを2分しているタントとN-BOXにやや遅れを取っている感があります。

しかし中古車になるとスペーシアは機能性や車内空間で2車種に匹敵する実力を持っており、さらに予防安全装置ではN-BOXを上回っていることから中古車市場では需要が多いため、買取価格は2車種と同程度で推移しています。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

スペーシアの買取事例・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
スペーシア カスタムTS(レーダーブレーキサポート装着車) 平成26年式
(2014年式)
1万km シルバー 2017年2月 103.3万円
スペーシア X(デュアルカメラブレーキサポート装着車) 平成28年式
(2016年式)
1万km Lブルー 2017年2月 88.8万円
スペーシアX(レーダーブレーキサポート装着車) 平成27年式
(2015年式)
4万km 2017年4月 84.8万円
スペーシア G 平成27年式
(2015年式)
1万km シルバー 2017年2月 83.8万円
スペーシア カスタムTS 平成25年式
(2013年式)
4万km ワイン 2017年2月 77.6万円
スペーシア X 平成26年式
(2014年式)
4万km パール 2017年5月 68.5万円
スペーシア G(レーダーブレーキサポート装着車) 平成27年式
(2015年式)
3万km Lブルー 2017年4月 64.5万円
スペーシア カスタム(レーダーブレーキサポート装着車) 平成26年式
(2014年式)
6万km 2017年2月 62.5万円
スペーシア Xリミテッド 平成26年式
(2014年式)
4万km パープル 2017年5月 61.5万円
スペーシア X 平成25年式
(2013年式)
4万km Lブルー 2017年1月 59.4万円
スペーシア X 平成26年式
(2014年式)
6万km Lグリーン 2017年5月 46.6万円

スペーシアは2015年5月のマイナーチェンジでマイルドハイブリッドのS-エネチャージを搭載、オプションで軽自動車の予防安全装置としては最先端のデュアルカメラブレーキサポートを用意しました。

買取価格で高値をつけている要因はこの2つの機能で、車種によっては同グレードのタントやN-BOXを上回る結果になっています。

ただしカスタムは他の車種のように買取価格が高いわけではなく、やや安値傾向となっています。

スペーシアのカスタムはフロントマスクにメッキモールを増やし、バンパー回りのデザイン変更も行っていますが、やはり他のカスタムのようなシャープ感が薄いため若年層男性への訴求力が弱く、新車販売台数が少ないことや中古車市場であまり需要がないことなどが、買取価格安値傾向の要因です。

3年落ちスペーシアはグレードを問わず高値買取傾向

最高値はXグレードでデュアルカメラブレーキサポート装着車となっており、2016年式1万km走行で88.8万円の買取価格がついています。マイナーチェンジ以降のXを所有し、売却を考えているのであれば早いほど高値がつくといえます。

意外に健闘しているのがスペーシアのベーシックモデルとなるGグレードです。

2015年式と2年落ちながらXデュアルカメラブレーキサポート装着に近い83.8万円が最高値となっています。

走行距離1万kmと短いことも高値要因ですが、GでもXと同じマイルドハイブリッドシステムを搭載し、JC08モードは軽スーパーハイトワゴンではトップクラスの32.0km/Lを記録しているため、中古車市場での高い需要が買取価格に反映しているといえます。

2014年式までの平均的な買取価格は60万円前後です。走行距離3万km未満であれば平均以上は確実で、マイナーチェンジ前でもレーダーブレーキサポート装着車の場合、同グレードよりも2~3万円の上乗せが期待できます。

また走行距離3万km以上でも状態が良ければ大きな下落はありません。2014年式で走行距離6万kmのXリミテッドは57.4万円で買い取られた実績があります。

走行距離が5万km未満であれば50万円台は確実の5年落ちスペーシア

スペーシアは2013年に発売されているので5年落ちは初年度登録車になります。

一般的に5年落ち中古車は買取価格の大幅な下落が見られますが、スペーシアは初年度登録モデルでもJC08モードは29.0km/Lと好燃費を記録する機能を持っていることから比較的高値で推移しています。

走行距離5万km未満の平均買取価格は55万円前後で、走行距離4万kmのXは59.4万円の高値がつきました。また5万km以上でも一気に下落することはなく、6万km走行のXは45万円前後が買取相場となっています。

カスタムの買取価格はベースモデルとの新車販売価格差に留まっています。

2013年式で走行距離4万kmの最高額はTSの77.6万円、2014年式のハイグレードXSでレーダーブレーキサポートが装着されていても走行距離が5万kmを超えると下落傾向にあり、6万km走行の最高額は62.5万円でした。

スペーシアのカスタムは中古車市場でとくに人気があるというわけではないので、買取価格の下落推移は標準的といえます。

まとめ

経済性と利便性から中古車市場で人気のあることが高値買取につながっている形のスペーシアですが、発売から1度もフルモデルチェンジを行っておらず、新車からは新鮮味が薄れています。

ライバル車のタントやN-BOXもフルモデルチェンジの時期が近づいており、スペーシアも同時期になることは十分、予想されます。スズキは現行アルトで新型のプラットフォームを採用、大幅な軽量化を実現しました。次期スペーシアはこのプラットフォームで開発されることが確実視されており、現行車より大幅な性能向上が見込まれます。

現行車が中古車市場で人気があるといっても、フルモデルチェンジされれば3年落ち中古車が一気に下取・買取されるので当然、買取価格も大幅に下がってしまいます。高値売却を希望するならば、新型登場の情報を収集し、早めに決断することをお勧めします。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る