top > 査定価格・買取相場表 > ヴィッツを売る際の買取相場表

その査定価格本当?ヴィッツを売る際の買取相場表

ヴィッツ

操縦しやすいコンパクトなボディサイズの車種は欧州でAセグメント、北米ではコンパクトカーのカテゴリーに属し、経済的であることから世界中で人気があります。このカテゴリーに適した世界戦略車として開発されたのがトヨタのヴィッツです。ボディサイズやエンジンを小さくしただけでなく、小さいなりに安全性能や走行性能を高めたことから世界中のコンパクトカーのベンチマーク的存在になりました。

3代目となる現行モデルは2013年から販売されています。2014年と2017年にマイナーチェンジを行っていますが、基本的な構造やスペックに大きな変化がないため、中古車市場ではマイナーチェンジによる販売価格の格差が少ない状態となっています。

また3代目は中古車市場に流通している車数が多いことから、買取の査定額も年式と走行距離を基準とした平均的な相場に収まっています。

\1番多くの買取店に見積もり依頼ができるのはココ/

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

ヴィッツの買取実例・査定額

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ヴィッツRS G’s
スマートパッケージ
平成28年式
(2016年式)
1万km 青M 2017年5月 119.8万円
ヴィッツRS G’s 平成24年式
(2012年式)
2万km 2017年2月 89.9万円
ヴィッツ F 平成26年式
(2014年式)
2万km パール 2017年2月 74.6万円
ヴィッツ F 平成28年式
(2016年式)
2万km パール 2017年6月 69.5万円
ヴィッツ F
スマイルエディション
平成26年式
(2014年式)
6万km シルバー 2017年6月 59.5万円
ヴィッツ RS 平成24年式
(2012年式)
5万km 2017年6月 59.5万円
ヴィッツ F 平成25年式
(2013年式)
3万km ガンM 2017年6月 44.7万円
ヴィッツ U 平成24年式
(2012年式)
2万km 2017年2月 42.4万円
ヴィッツ ジュエラ 平成23年式
(2011年式)
4万km ピンク 2017年2月 36.0万円
ヴィッツ F 平成19年式
(2007年式)
5万km 2017年2月 33.2万円
ヴィッツ ジュエラ 平成23年式
(2011年式)
3万km 2017年2月 32.5万円
ヴィッツ RS 平成20年式
(2008年式)
5万km 2017年2月 29.0万円
ヴィッツ U 平成23年式
(2011年式)
9万km ガンM 2017年7月 25.5万円
ヴィッツ U 平成19年式
(2007年式)
7万km アイボリー 2017年7月 20.0万円
ヴィッツ F 平成19年式
(2007年式)
6万km ベージュ 2017年3月 17.0万円

最高値をつけたのはスポーツタイプのRS G’sです。これはトヨタのスポーツカーやレースカーに関わる部門、GAZOOがRSの足回りやボディ剛性をチューニングした車種で、現在は販売されていません。

一般的に販売終了した専用チューンのスポーツカーは中古車市場で高い販売価格となるのですが、RS G’sは販売台数も多いことから希少性が薄く、フル装備の新車販売価格が200万円オーバーであることを考えると、やや安値の査定額といえます。

常時販売しているグレードには排気量が1.0Lと1.3Lモデルがあります。

新車販売価格では約15~17万円の差がありますが査定額ではそれほど変わることはなく、状態さえよければ1.0Lの方が上回ることもあるので、必ず複数業者に査定依頼をして高値を引き出してください。

3年落ちヴィッツはグレード格差がなく状態で査定額が左右される

3年落ちの中にはさすがに2017年マイナーチェンジ後の後期モデルは出回っていません。後期モデルの車種で目玉となったのはハイブリッド搭載車です。新車販売価格が約200万円なので、現在の査定額は150~160万円と予想されます。

したがって3年落ちの中心は2014年に行われたマイナーチェンジ後の中期車種です。

後期モデルと同じエクステリア、予防安全システムのToyota Safety Sense C搭載などコンパクトカーとしては優れたパッケージになっていますが、前述したように中古車市場に流通している車数が多いため、査定額は標準的な範囲内に収まっています。

走行距離2~3万kmの場合、50~70万円が査定相場価格です。

5年落ちヴィッツではRSが高値傾向

5年落ち車種には3代目前期モデルと2代目後期モデルが混在しています。

2代目後期モデルで高値をつけているのはスポーツモデルのRSで走行距離が5万km以内の場合、50万円前後が査定相場となります。現行モデルにRSはないので、若干の希少性が査定にプラスしているといえます。

その他の車種ではグレード格差が見られません。最上級のUよりもジュエラの方が高い場合がありますし、さらにミドルグレードのFでも買取業者との交渉次第ではUより3~4万円高値になる可能性があります。

ただし査定相場はそれほど高値で推移しているわけではなく、走行距離5~6万kmであれば30~40万円が査定額相場となります。

10年落ちヴィッツで査定額がつくのは2代目前期モデル

コンパクトカーの10年落ちは走行距離が10万km以内であれば若干の査定額がつきます。

ヴィッツでは2代目前期モデルに限り、前述した条件に合えば15~20万円の査定額がつくこともあります。

買取実例・査定額一覧表では走行距離7万kmのUが20万円で買い取られています。

しかし初代モデルになると、走行距離10万km以下でも査定額はほとんどつかず、買取価格は5万円以下になります。

だからといって壊れるまで乗り潰すと廃車手続きなどが面倒になるので、動いているうちに売却した方が得策でしょう。

まとめ

ヴィッツは2回目のマイナーチェンジを2017年に実施しているので2019年までは現行モデルが販売されると予測できます。したがってそれまでは査定額に大きな変動はありません。

しかし2019年以降は必然的にフルモデルチェンジとなるため、後期モデルでもその時期は査定額が大幅に下落します。

現行モデルの売却を考えている人は下落直前が最適の売り時となるので、2019年から新車情報のチェックを怠らないようにすることが高値の査定額をつけるコツといえます。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る