top > 査定価格・買取相場表 > ウェイクを売る際の買取相場表

その査定価格本当?ウェイクを売る際の買取相場表

ウェイク

ダイハツのウェイクは軽乗用車の中でトップクラスの車内空間を持つスーパーハイトワゴンです。家族向けというよりアウトドアを楽しむ人向けの車種で、趣味性の高い装備が特徴です。

全高が約1.8mもあるボックス型のエクステリアなので見た目の安定感に欠けますが、サスペンションやボディ剛性を工夫、またリアにスタビライザーを装着してコーナリング時のロール抑制も果たすなど走行安定性を向上させるための機能が備わっています。

ただし、趣味性の高い車種は販売当初こそ好調な売れ行きを見せますが、訴求対象のユーザーに行き渡ると売れ行きが一気に落ちる傾向があり、ウェイクも例外ではありません。現在は軽自動車新車販売台数ランキングで12~15位辺りに停滞しており、その影響から買取価格もやや安値傾向となっています。

\1番多くの買取店に見積もり依頼ができるのはココ/

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

ウェイクの買取事例・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ウェイクX
ファインセレクションSA
平成27年式
(2015年式)
2万km パール 2017年1月 116.6万円
ウェイクG SA 平成26年式
(2014年式)
3万km 2017年2月 108.0万円
ウェイクG SA 平成27年式
(2015年式)
2万km 2017年3月 107.3万円
ウェイクG 平成27年式
(2015年式)
3万km パール 2017年3月 103.3万円
ウェイクX SA 平成26年式
(2014年式)
3万km 2017年3月 103.0万円
ウェイクL SA 平成27年式
(2015年式)
2万km パール 2017年3月 91.0万円

ウェイクは2014年11月に発売されたので、現段階では車検の残っている車種が多いことから買取実績が少なく、買取相場も安定性に欠ける部分があります。

ウェイクは2015年に年間販売台数が5万台を超えたので、2017年後半から2018年前半にかけて査定依頼が多くなると予想されます。買取価格相場はその時期を超えた辺りから安定する見込みです。

現状での査定額を見ると軽自動車の中では高値になっていますが、これはウェイクの新車販売価格が高いという理由です。

2016年5月に予防安全装置のスマートアシスト(SA)Ⅱを標準装備(ただしベースグレードのDを除く)したことでグレード体系を一新、買取事例に表記されているグレード名は一部変更されましたが、G SAと同グレードになるGターボSAⅡの新車販売価格は約171.7万円となっており、査定額との差は約60万円になります。

これは人気車種に比べるとけっして高い方ではありません。

3年落ちウェイクは年式や走行距離が減額査定にならない

3年落ちウェイクは初年度登録車も含め、すべて現行車となります。

まったくのニューモデルで先代に匹敵する車種がないことから中古車市場に流通している車数は少なく、販売価格にもバラつきがあります。

趣味性の高い車種なのでニーズ次第で価格が変動している傾向が見られます。

買取事例が少ないので中古車市場に流通しているウェイクを参考にして買取価格を想定します。

年式はもっとも古い車種が2014年式となるため査定には大きな影響がなく、また走行距離も3万km以内であれば減額対象になることはありません。

また中古車ではあまり好まれない黒やオレンジ、黄色といった派手なボディカラーもホワイトやパールなどと同じように売れるので、こちらも減額にはほとんど影響ありません。

基本的には車両状態とグレードが買取価格を決め、オプションの種類で上乗せ額が増えていくという査定になります。

減額幅が大きくなるのは走行距離5万km以上の車種

中古車市場で販売されているウェイクのXで走行距離3万km前後の場合、中心価格帯は130~150万円です。

一般的に中古車販売価格は買取価格の25~35%増し、約40~50万円上乗せと言われていることから、買取相場は85~105万円と予想できます。

上記の買取実績表に記載されている査定額はウェイクの中でも高値の部類に入っていることが分かります。

走行距離が3万kmを超えた車種は買取価格が大幅に下がります。走行距離5万km前後の場合、ボリュームゾーンのグレードとなっているXは90~125万円の範囲内で販売されているので、買取価格は50~80万円前後になると予想されます。

ただし、中古車市場に流通しているウェイクの3万km超えは車数が少なく、範囲外の価格で販売されている車種もあります。

当然、買取価格も変動するので交渉次第では買取価格が上乗せされる可能性が十分にあります。

まとめ

ウェイクはアウトドア志向という趣味性の高い車種のため、中古車市場では汎用性の高い家族向けスーパーハイトワゴンのような需要がありません。

これが買取価格を平均相場またはそれ以下にしている理由ですが、逆に言えば趣味性を高めたウェイクであれば確実に売れるので、買取価格は高くなります。

15インチアルミホイールやバックカメラなどのオプションが最初からついた特別仕様車、キャンプや釣り用などのアクセサリー類を装備した車種であれば5~6万円の増額が見込まれます。

それらのオプションをしっかりと評価してもらうためにも査定は1社だけでなく複数業者に依頼し、高値をつけたところと最終的な買取価格の交渉を行うことが高値売却につながります。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る