top > 軽自動車の買取【目次】 > 故障して動かない軽自動車も売れる!

故障して動かない軽自動車も売れる!

故障して動かない軽自動車も軽自動車専門の車買取業者へ売却依頼してみることをおすすめします。廃車の場合でもパーツ類の取り外しが可能かどうか確認しましょう。

最も高く売れた方法

本題に入る前に、車を高く売ることができる2種類のサービスをご紹介しておきます!

公式:かんたん車査定ガイド

自分で複数の買取業者を競争させるならこれ!

公式:ユーカーパック

自分で競争させる必要なし!オークション形式で自動的に価格を上げるならここ!

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

故障して動かなくなった軽自動車は専門業者に相談してみる

エンジン本体に異常がなくても電気系統やトランスミッションなど他の箇所が故障したことにより、走行不能となった軽自動車は修理して再び乗るか、それとも廃車にするか所有者としては迷うところです。

軽自動車の中古車は状態の良い車種が安価で販売されているので、修理箇所によっては販売価格よりも高い修理費になることもあり、よほど愛着があるか、希少価値のある軽自動車でなければ買い替える方が経済的であることが実情です。

故障して走行不能となった軽自動車は廃車処理となりますが、その手続きを自分で行う場合、時間と費用がかかってしまいます。

廃車処理をして新しい車を買い換える計画であれば、一度、軽自動車専門の車買取業者へ売却依頼することをお勧めします。

軽自動車専門の買取業者では故障による不動車の在庫を抱えており、車種によっては故障した箇所のパーツを在庫から流用、安く再生できる可能性があることから、故障による不動車でも買取価格をつけることがあります。

事故を起こして激しい損傷を負った場合やエンジン本体までダメージを負った軽自動車は再生が不可能なので廃車確実ですが、車買取業者の中には廃車を専門に扱うところもあります。

買取価格は最大でも1万円程度ですが、廃車にかかる費用や手続きをすべて行ってくれるので、その分の負担を考えると業者に任せた方が得策といえます。

廃車の際にはパーツ類の取り外しが可能か確認する!

軽自動車専門、あるいは廃車専門の買取業者はネットの一括査定サイトかんたん車査定ガイド)で探すことができます。

一括査定サイトはガリバー やアップルといった全国チェーンの大手が目立ちますが、小規模で地元密着型の業者も多く加盟しており、大手が反応しないような故障車や廃車でも査定価格を提示してきます。

それらの業者の中から良い条件を選び、引取依頼を行ってください。買取価格がつかなくても基本的に引き取るためのレッカー代や廃車手続きの費用は無料となっています。

引取の際にはいくつか確認事項があります。ひとつは廃車か再生か、どちらの処理になるのか、という点です。

再生の場合、名義変更手続きが行われないまま再生までの期間が長くなって納税時期をまたぐと、売却主に軽自動車税と自賠責保険料が請求されてしまいます。

名義変更手続きの期日、また廃車手続きの期日を明確にしておくことで売却後のトラブルを回避できます。

また軽自動車についている再生できるパーツ、カーナビやオーディオ、アルミホイールなどを廃車後に引き取ることが可能であるか、という点です。これらはパーツ専門店で買取を行っているので、取り外しが可能な業者を選ぶ方が得策です。

簡単な修理で直れば買取価格は高くなる!

最近の軽自動車は以前に比べると耐久性があります。

しかし軽自動車は燃費効率を高める目的で軽量化を進めており、エンジンも耐久性を保てるギリギリの重量で作られているため、メンテナンスを怠ってエンジンの限界性能に近い運転をしているとさすがに壊れてしまい、不動車になってしまうケースはけっして珍しくありません。

軽自動車は新車販売価格が安いけれど修理費は普通車と同じだから、壊れて不動車になったら買取業者へ査定依頼した方が得策と思っている人は多いでしょう。

確かにオイル不足によるエンジンの焼付きといった故障の場合は修理費が最低でも30~40万円かかってしまうので買取業者に売却した方が得策です。

現在、軽自動車は中古車市場で人気があるため、動かなくなっていても比較的高値で買い取られる傾向にあります。しかし動かなくなった場合の原因の中には安い費用で直る故障もあるのです。動かないまま売却するよりも修理費用を払って直した場合の方が高値売却を実現できる可能性は十分にあります。

軽自動車が動かなくなった時はすぐに廃車や売却を考えるのではなく、まず故障箇所がどこなのか調べ、買取業者へ査定依頼して査定額がいくらになるのか確認してください。その上で修理したらいくらで買い取ってくれるのか交渉しましょう。その際の買取金額の差額よりも修理費の方が安ければ修理する価値があります。

動かなくなった軽自動車をもっとも高く売るコツ

軽自動車の故障で多いのがターボチャージャーの故障です。

ターボチャージャーはエンジンオイルが潤滑油となっているため、オイルが汚れたり不足したりするとタービンフィンが破損してしまい、正常な吸排気が行われなくなります。

タービン交換はディーラーへ修理に出すと10~15万円かかりますが、一般的な修理工場ではリビルド品(点検してある中古品)を使うので4~5万円で済みます。

またオルタネーターも軽自動車で故障しやすいポイントですが、こちらもディーラーであれば8~10万円のところ、修理工場であれば3~4万円で修理可能です。

したがって動かなくなった軽自動車をもっとも効率よく売却する方法は以下のようになります。

売却の流れ

  1. 買取業者に査定依頼して動かない状態のままの買取価格を聞く
  2. 同車種で同年式同走行距離の実働車の場合の買取価格を聞く
  3. 修理工場へ出して修理費の見積もりを取る
  4. 不動車買取価格+修理費用が実働車の買取価格を上回ったら不動車のまま買取業者へ売却
  5. 不動車買取価格+修理費用が実働車の買取価格を下回ったら修理して売却

なお、動かなくなった軽自動車でも買取業者によって買取価格が変わります。

出張査定は無料なので、ネットの 一括査定サイトを利用して、できるだけ複数の業者へ査定依頼する方が高値を引き出せます。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る