top > 軽自動車の買取【目次】 > 軽自動車の買取(売却)の必要書類

軽自動車の買取(売却)の必要書類

軽自動車を売却する際の必要書類は、普通車の場合より少なめです。基本的に印鑑証明書は必要ありませんし、印鑑も実印ではなく認印で済みます。

ただし、必要書類を紛失してしまった場合は再発行の手続きが必要です。また、それぞれの状況によっては追加の書類が必要になることもあります。まずはこちらから買取業者に査定してもらいましょう!

ここでは、軽自動車の売却に必要な書類や、紛失した場合の対処法などについて詳しくご紹介していきます。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

必要な書類一覧

軽自動車を売る場合は、以下のような書類が必要です。

自動車検査証(車検証) コピー不可
軽自動車納税証明書 最新のもの
自賠責保険証明書 有効期限を確認
印鑑 認印でも可
リサイクル券 預託済みの場合
申請依頼書 買取店側で用意していることが多い
振込先情報 売却代金を口座に振り込んでもらう場合

車検証・軽自動車納税証明書・自賠責保険証明書の3つは、車のダッシュボードなどにまとめて保管してあることが多いと思います。

車検や自賠責保険が切れている場合、車を公道で走らせることはできないため、レッカーなどで車を引き取りに来てもらわなくてはいけません。

申請依頼書とは、買取業者が車の名義変更手続きを行なう際に必要な書類です。 委任状と似たもので、これに認印を押します。

ケース別・追加で必要になる場合がある書類

上記でご紹介した書類のほかにも、状況によっては別の書類も用意する必要があります。

車検証の住所と現住所が異なる場合

引っ越しなどで、車検証に記載されている住所が現住所と違っている場合は「住民票」が必要です。

また2回以上引っ越している場合は、住所の移り変わりがわかるよう「住民票+戸籍の附票(または住民票の除票)」が必要となります。

結婚や離婚で姓が変わっている場合

車検証に記載されている氏名から変わっている場合は、「戸籍謄本(または戸籍抄本)」が必要です。

区画整理などで住所が変わっている場合

区画整理にともない、車検証に記載されている住所と表記が変わった場合は、「行政区画変更証明書」が必要です。役所で申請すれば無料で発行してもらえます。

車の所有権がローン会社にある場合

ローンで購入した軽自動車の場合、所有者がディーラーやローン会社になっていることがあります。

このままの状態では車を売ることができないため、ローンを完済した上で「所有権解除」の手続きが必要です。

所有権解除に必要な書類はローン会社によっても異なりますが、車検証や納税証明書のコピーのほか、本人確認書類として印鑑証明書や免許証のコピーが必要になる場合があります。

ちなみにローンの残債を一括で返済するのが難しい場合は、大手の買取店で行なっている「ローン残債サービス」を利用するのも一つの方法です。

車の査定額の中から、ローンの残債分を先に返済にまわしてもらえる上、所有権解除の手続きも代行してもらうことができます。

車の所有者が死亡している場合

車の所有者が死亡している場合、普通車であれば「資産」となるため相続の手続きが必要なのですが、軽自動車の場合は親族に名義変更をするだけで済みます。

その際必要になるのは、所有者の死亡および新所有者が親族であることを証明するための「戸籍謄本」です。

もし、車検証の内容と戸籍謄本の内容に変更がある場合は、変更があったことを確認できる書類も別途必要になります。

名義変更さえすれば、車の売却は自由です。

必要書類を紛失した場合の再発行手続き

軽自動車を売却するのに必要な書類を紛失してしまった場合、ほとんどは再発行が可能です。それぞれの書類の再発行手続きについてご説明します。

車検証

軽自動車の車検証は、使用の本拠地を管轄する軽自動車検査協会の事務所で再交付してもらえます。

必要なものは、使用者の認印と申請書です。申請書は事務所の窓口でもらえます。

また、手数料として300円がかかります。

軽自動車納税証明書

軽自動車納税証明書は、居住地のある役所の納税課で再発行してもらえます。必要なものは、身分証明書と、役所に置いてある申請書です。

行くのが難しい場合は、必要書類を送付すれば郵送してもらうこともできます。

手数料は、車検に使う場合は無料ですが、それ以外は300円かかります。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は、加入している保険会社の窓口で再発行してもらえます。身分証明書と印鑑が必要な場合が多いですが、会社によっても異なりますので確認してから行きましょう。

もし保険会社がわからない場合は、自賠責保険に加入したお店(車の販売店など)に問い合わせれば教えてもらうことができます。

リサイクル券

リサイクル券の再発行はできませんが、リサイクル料を預託済みであることが証明できれば十分ですので、自動車リサイクルシステムのサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷したもので代用できます。

その際、車検証に記載されている車台番号と登録番号を入力するため、車検証を手元に用意して行ないましょう。

以上が軽自動車の売却に必要な書類ですが、買取店に売る場合は何を用意すればいいかをくわしく教えてもらえますし、必要であればいろいろな手続きも代行してもらえますので、まずは見積もり査定額を出してもらうことから始めましょう。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る