top > 車買取で高く売る方法【目次】 > 今、売り時の高く売れる車

今、売り時の高く売れる車

現在売り時の高く売れる車についてこのページでご紹介します。軽自動車やミニバン、そしてロングセラー車は安定した人気です。とくにこちらから通して複数の業者に査定を依頼すると、最高の価格で売れる可能性があります。具体的な車種について解説します。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

車の売り時は「年式」と「モデルチェンジ」がポイント

車は年中需要があるため、基本的に売りたい時が売り時ではあるのですが、機械である以上「少しでも新しいほうが価値は高い」ことは確かです。

そこで、売り時を見きわめるためには「年式」と「モデルチェンジ」に注目するといいでしょう。

年式が落ちる前に売る!

車の年式とは、日本では一般的に「初度登録年月」のことを指します。製造後、その車が初めて登録された年のことです。

年式は、いつ購入した車でも年をまたぐと1つ古くなります。たとえば12月に購入した車は、翌月には「1年落ち」になってしまうということです。

当然ながら、年式の新しい車ほど買取価格は高くなりますので、なるべく早めに売るに越したことはありません。とくに年式が古い車ほど、1年でも早く売ったほうがいいでしょう。

たとえば来年で10年落ちになるという車なら、年内、できれば秋ごろまでに売ることをおすすめします。

フルモデルチェンジの前に売る!

車のフルモデルチェンジも、ぜひ気にしておきたいポイントです。

フルモデルチェンジが行なわれて新型モデルが出ると、買い替え需要が高まるため、旧型が一気に中古車市場に流れてきます。その結果、供給過多となって買取相場が下がってしまうのです。

値崩れする前に売るためにも、フルモデルチェンジが近そうな車は早めに売却を検討してみてください。

ロングセラー車は安定した人気いつでも売り時

車買取業者に取って魅力的な中古車とは、再販価格を高く設定できる車、つまり中古車市場でも人気があって多少高くても在庫とならず、比較的早く売れる車です。

現在、中古車市場でダントツに高い人気を集めているのは軽自動車、続いて家族向けのミニバンで、相変わらず低人気となっているのが国産高級乗用車です。

状態の良い軽自動車や5ナンバーサイズのミニバンであれば、新車購入時から比較的低い減額幅で売却することが可能です。

軽自動車とミニバンには及びませんが、ハイブリッド車とコンパクトカーも中古車市場の人気車種となっています。ただし、この2つの車種に関しては車名別に偏りがあり、すべての車種が人気車種というわけではありません。

軽自動車、ミニバンに関しては全体的に現在、売れ筋となっていますが、中でも高い人気を誇っているのはロングセラー車、つまり車名ブランド力の強い車です。

ロングセラーを続けている車種はそれだけ信頼性が高い証でもあり、中古車で購入しても安心感があること、またロングセラーなのでフルモデルチェンジのサイクルが長く、型落ち感が少ないというのが、その理由です。

フルモデルチェンジ前に売りたい車種

軽自動車で高い買取価格を期待できるのがワゴンRです。スズキの軽自動車の中でも主軸となる車種でロングセラーを続けていることに加え、現行車のフルモデルチェンジが2017年2月なので、次のフルモデルチェンジまで間があり、現行車を中古車市場に出してもすぐに型落ち車とならないメリットを持っています。

ミニバンでは日産のセレナが買取価格の高値が期待できる車種です。現行車がフルモデルチェンジしたのは2016年8月で、5ナンバーサイズのため女性でも運転しやすく、しかも7人乗れるという車種の特徴がユーザーに十分、浸透しているというメリットを持ちます。

現在、日産は5~6年のスパンでフルモデルチェンジをしており、次のフルモデルチェンジまでまだしばらく間がありますので、あと2~3年は売り時が続くと思われます。

ハイブリッド車に関してはトヨタのプリウスアクア、ホンダのフィットに人気が集中しています。

フィットは2019年に4代目が発売されるとみられますので、早めに売却予定を立てたいところです。

一方、プリウスは2015年12月にフルモデルチェンジされているため、もうしばらく売り時が続くと思われます。

そして人気のアクアですが、2011年の発売以来マイナーチェンジしかされておらず、もういつフルモデルチェンジが行なわれるかわからない状態です。手放すなら、なるべく早いほうがいいでしょう。

コンパクトカーではトヨタのヴィッツとフィットがダントツ人気ですが、2014年に発売されたマツダのデミオが新車販売台数を伸ばしており、人気車種となっています。

現行車はマツダの統一デザインを採用しているので中古車となっても型落ち感が少なく、今後、中古車市場で注目される1台となることは間違いないので高値買取が約束されていると言っても過言ではありません。

その他、今まさに売り時の車としてはホンダN-BOXも外せません。2011年の発売以来、大ヒットを飛ばし続けており、今や普通車も含めた全車の中で年間販売台数トップとなっています。

2017年9月に初めてのフルモデルチェンジが行なわれたばかりですので、しばらくの間は安定した買取価格が維持されると考えられます。

ほかに軽自動車では、ダイハツのムーヴとタントも大人気です。ムーヴは近年、4年ごとにフルモデルチェンジが行なわれていますが、現行モデルが2014年に発売されているため、2018年中には新モデル(7代目)が登場するのではないかとみられています。売るなら早めに動きたいところです。

タントも、前回のフルモデルチェンジ(2013年)から5年が経過しており、ムーヴと同じく2018年末までに新型が出るのではないかと予測されています。こちらも、手放すなら早めがいいでしょう。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る