top > 車を売る方法【目次】 > 本人以外(他人名義)の車を代理人が売る際の注意点

本人以外(他人名義)の車を代理人が売る際の注意点

何らかの事情で、自分以外の人の車を売らなくてはいけないこともあると思います。

他人名義の車であっても、必要な手順を踏めば売却することは可能です。ただし、「誰の車を売るのか」によって必要書類や手続きが異なります。

他人名義の車を代理人として売る場合の注意点を、ケース別にご紹介していきます。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

家族や知人の車を売る場合の注意点

家族や友人、知人などの車を本人の代わりに売る場合、基本的に注意すべきは「そろえる必要書類の違い」だけです。

この場合の必要書類は以下のようになります。

  • 自動車車検証
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 所有者の印鑑登録証明書
  • 所有者の実印
  • 譲渡証明書(所有者の実印の押印が必要)
  • 委任状(所有者の実印の押印が必要)
  • 代理人の身分証明書

他人名義の車を売る際には、通常の必要書類に加えて「委任状」と「代理人の身分証明書」が必要です。

委任状は「自分の代わりにこの人に売却を委任しますよ」という証明になるもので、所有者の氏名と住所、実印の押印が必要になります。

代理人の身分証明書は、運転免許証やパスポート、健康保険証などです。多くの場合これだけでOKですが、売却先(買取店)によっては代理人の実印と印鑑登録証明書の提出も求められることがあります。

また、譲渡証明書は車の所有者が旧所有者(現在の名義人)から新しい所有者(買取店)に変わることを証明するための書類です。

この書類にも、所有者の住所と氏名を記入してもらい、実印を押印してもらう必要があります。

委任状や譲渡証明書は、国土交通省のサイトからダウンロードが可能ですが、買取店に用意してある場合も多いため、まずは売却先に確認してみましょう。

上記のほか、車検証に記載されている所有者の氏名や住所が、結婚や引っ越しなどで印鑑証明書に記載されているものと異なる場合は、住民票や戸籍謄本などの書類が別途必要になります。

ちなみに軽自動車を売る場合の必要書類は、もう少し少なめです。所有者の印鑑登録証明書と実印は必要なく、認印だけで済みますし、譲渡証明書も不要となっています。また、委任状の名称が「申請依頼書」となっています。

いずれにしても、書類の不備がないよう売却先の買取店にそろえるものについての指示を受けてください。

ローン会社やディーラー名義の車を売る場合の注意点

車の所有者がローン会社やディーラーになっている場合、そのままの状態では車を売ることができないため、まずは所有権をはずしてもらう「所有権留保解除」の手続きが必要になります。

その後、自分に名義変更をすれば車を売ることが可能です。

すでにローンを完済している状態であれば、すぐにでも所有権留保を解除してもらえます。

ただしローンが残っている場合、基本的には残債を完済しなければいけない点に注意が必要です。

ローンの残っている車の所有権を解除してもらう方法

自分のお金でローンを完済する

手持ちの資金で残債を繰り上げ返済できるのであれば、それに越したことはありません。

ローン会社やディーラーに連絡をして残債を完済したら、所有権留保を解除してもらいたい旨を伝え、必要書類を送ってもらいます。

次の車のローンに上乗せする

新しい車に乗り換える場合、購入先のディーラーや販売店によっては「新しく購入する車のローン+前の車のローンの残債」をまとめてくれることがあります。

ローンの残債を代理で一括返済してもらい、その分が新しい車のローンに上乗せされるということです。

ただし残債の額が大きい場合は、審査に通らない可能性があります。

買取店の「ローン返済サービス」を利用する

中古車買取店によっては、ローンの残っている車を売りたい人のための「ローン返済サービス」を行なっていることがあります。

これは車の買取金額の中から、買取店がローンの残債を一括で返済してくれるサービスです。さらにその後、所有権留保解除の手続きも代行してくれます。

車の買取価格がローンの残債額を上回っている場合は、もちろん残ったお金を受け取ることが可能です。

たとえばローンが30万円残っている車を50万円で買い取ってもらえた場合、残りの20万円を手にすることができます。

一方、ローンの残債が買取価格を上回っている場合は、足りない分を手持ちの資金で支払う必要があります。

たとえばローンの残債が50万円ある車が30万円で売れた場合、20万円は持ち出しになるということです。

買取店によっては不足分をローンで組んでくれることもありますが、残債の額が大きすぎると返済が大変になる可能性があるため、慎重に判断するようにしてください。

上記のほか、自分でどこかからお金を借りて残債を一括返済する、という方法もあります。

いずれにしても額が大きい場合は返済の負担が大きくなりますので、よく考えることが大切です。

所有者が死亡している車を売る場合の注意点

亡くなった方の車を売る場合は、まず車の名義を自分に変更する必要があります。

ただし車の相続権のある人が複数いる場合、全員の協力が必要です。

所有者が亡くなっている車の名義変更に必要な書類

相続人が一人だけの場合

  • 相続人が誰かがわかる戸籍謄本
  • 所有者の死亡を確認できる除籍謄本
  • 相続人の印鑑登録証明書
  • 車庫証明書(亡くなった方と同じであれば不要)
  • その他、名義変更に必要な書類一式(車検証など)

複数の相続人のうちの一人が相続する場合

  • 相続人全員を確認できる戸籍謄本
  • 所有者の死亡を確認できる除籍謄本
  • 相続人全員の印鑑登録証明書
  • 遺産分割協議書
  • 車庫証明書(亡くなった方と同じであれば不要)
  • その他、名義変更に必要な書類一式(車検証など)

複数の相続人が共同で相続する場合

  • 相続人全員を確認できる戸籍謄本
  • 所有者の死亡を確認できる除籍謄本
  • 相続人全員の印鑑登録証明書
  • 車庫証明書(亡くなった方と同じであれば不要)
  • その他、名義変更に必要な書類一式(車検証など)

このように、亡くなった方の車の名義変更に必要な書類は、「相続人が1人しかいないのか、複数いるのか」「誰が相続するのか」によって変わってきます。

相続人が自分1人しかいない場合がもっともシンプルです。自分が相続人であることを証明できる書類(相続人の戸籍謄本および亡くなった方の除籍謄本など)や、自分の印鑑登録証明書などを役所で発行してもらいます。

一方、複数の相続人がいる場合は全員が相続人であることを証明できる書類が必要になるため、取り寄せる戸籍謄本の数が多くなります。

またそのうちの1人だけが相続する場合、「誰がどの財産を相続するか」を示す遺産分割協議書も必要です。

これらの必要書類をそろえた上で、管轄の陸運支局で名義変更の手続きをすれば、相続人が車を自由に売れるようになります。

まとめ

本人以外の名義の車を売る際の注意点についてご紹介しました。

誰の車を売るかによって必要な手続きは異なりますが、簡単にまとめますと以下の通りです。

  • 家族や知人の車を売る場合は、委任状や身分証明書だけでOK(名義変更の必要なし)
  • ディーラーやローン会社名義の車を売る場合は、所有権留保解除をする(名義変更が必要)
  • 亡くなった方の車を売る場合は、相続人への名義変更が必要

もっとも手続きが簡単なのは、現在生きている第三者の車を代わりに売るケースです。

所有者が亡くなっている場合は、名義変更のための書類が多いため手続きがやや複雑になります。

特に注意したいのは、ローンがまだ残っている状態でディーラーやローン会社名義の車を売る場合です。

残債が大きい場合は新たなローンを組まなければいけないこともありますので、買取店に相談するなどして一番いい方法を考えるようにしましょう。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る