top > アップル

アップル
車買取業者一覧と解説

車買取業者アップルはどういった買取業者なのか?その詳細と評判、口コミなどを解説しております。

アップル

項目 詳細 項目 詳細
公式サイト アップル 即日出張 可能(要確認)
業界ランク 第4位 夜間の出張査定 可能(要確認)
買取価格 どこよりも高く 即時現金払い 可能(要確認)
買取キャンペーン 随時実施 事故車・不動車 可能
会社規模 中規模 運営会社 アップルオートネットワーク株式会社
買取対応エリア 全国(未出店エリア有、都度確認) 設立年月日 1993年11月
オンライン査定 代表者名 代表取締役社長 
長谷川 浩嗣
出張査定料 無料 本社所在地 東京オフィス:東京都千代田区神田岩本町1番地5
三重オフィス:三重県四日市市ときわ1丁目4番2号
買取証明書の有無 資本金 3億4,795万円
名義変更手続き代行 年商 31億2000万円(2013年12月期)
買取可能な車 すべての車 < 業務内容 >
事故車・不動車 可能 自動車の買取・販売のフランチャイズチェーン「アップル」の運営
買取査定の受付 24時間対応

アップルとは?

 アップルは、名前の通り、リンゴをかたどったブランドロゴが特徴の、自動車買取チェーンです。三重県と東京都にフランチャイズ本部機能を置いており、FC加盟店と連携して買取事業を推進しています。

また、東海地区には本部が運営する直営店も擁しており、全国で約220店舗のアップル買取店が営業しています。

もともとはボランタリーチェーンとして発展!

 アップルは、もともとボランタリーチェーンとして、加盟店の独自性を重んじる形で、アップルブランドを利用した店舗展開が図られてきました。

ボランタリーチェーンとは、店舗独自の運営と、店舗同士の自主的なつながりを重視する業者同士のネットワークのことで、フランチャイズのように本部が強力な力をもって加盟店を上から指導する手法とは一線を画した、フラットな組織形態が特徴と言えます。

アップルは、1989年に愛知県で第1号店がオープンしたのを皮切りに、以後、ボランタリーチェーンの手法により、続々と店舗数を増やしていきました。アップルは発祥こそ東海地区でしたが、その後は東と西でそれぞれに陣容を拡大していきました。

1993年には東日本地区でのブランド拡大を狙い、千葉県に「日本自動車流通ネットワーク」を設立したのをはじめ、翌年には西日本地区への布石を担うべく、愛知県に「西日本自動車流通」を設立しました。

両社は、同じアップルブランドを名乗る会社として事業展開の強力な推進と効率化を図るべく、1999年に経営統合し、さらに2004年には現在の社名である「アップルオートネットワーク」へと改称しました。

さらに、ボランタリーの特性を生かし、これまで日本自動車流通ネットワークや西日本自動車流通とは別のラインで、同じアップルブランドを名乗ってビジネス展開していた「アップルインターナショナル」が、アップルオートネットワーク株式の74.32%を取得し、連結子会社化しました。

独自の輸出ルートを持つのがアップルの強み!

 2004年にアップルオートネットワークの親会社となったアップルインターナショナルは、1996年に設立した会社で、東証マザーズ市場に上場しています。

同社は、アップルブランドの買取店を東海地区で展開するかたわら、中古車輸出に力を入れたことで知られています。特に、輸出先として東南アジア諸国(タイ、インドネシア、シンガポールなど)を積極的にルート開拓し、2008年にはタイで初めての中古車オークションである「アップルオートオークション」を開設。

東南アジア諸国や中国におけるモータリゼーションの発展に貢献するとともに、日本製中古車の品質の良さを広く知らしめることにも成功しました。

このように、アップルは、独自の強力な輸出ルートを確保していることが強みとなっており、買取価格に有利に作用することが期待されます。

併せて、アップル加盟店が買い取った中古車を約6000店の協賛企業に公開し、業販を可能とするシステムを有しており、こちらも、買取価格のアップに寄与するものとして期待できます。

このように、高額査定に大いなる期待が持てるのがアップルの特徴ですが、他社との査定を組み合わせることで、さらなる高額査定を引き出すことが可能です。ぜひ、複数の買取業者に査定を依頼し、業者同士で価格を競わせることをお勧めします。(かんたん車査定ガイド

車を高く売るためにやること

車を少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をして業者間で価格競争をさせることが大切です!まずは下記の一括査定サイトでネット査定をして参考価格情報を集めましょう!その後実際に見に来てもらって、実際の買取価格を収集してから業者間で価格競争させることが大切です!ちなみに「試しに自分の車の価格を知りたい。」という軽い気持ちでの利用もOKです!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手どころに一括で見積もりをとることができます。ここさえおさえておけば他のところで見積もりを取る必要は特にありません。

廃車ラボ

こちらは不動車・事故車・放置車・鍵なし車など、一般的な買取業者ではなかなか値段がつかないような車専門の買取業者です。廃車の引き取り費用・廃車手続き代行費用・スクラップ費用もすべて無料でやってくれます。全国対応ですので難ありな車を売りたい方におすすめです!

ちなみにガリバー には「ガリバー廃車パック」という廃車専用のプランがあり、査定価格0円の場合でも無料で引き取りから廃車手続き、税金や強制保険の還付金手続きまで行うというサービスがあります。

※ 人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW