top > 車買取まとめ > 修復歴車に該当するか要チェック!

修復歴車に該当するか要チェック!

車を修理すれば必ず修復歴車になるわけではなく、修復歴に入る修理と入らない修理があります。修復歴の基準についてわかりやすく解説しております!

修復歴車ってなに!?

車を使用していると事故にあったり電信柱にぶつけたり、ガードレールにボディをこすったり、車に何らかの傷やヘコミをつけてしまうことはよくあります。

傷やヘコミは通常修理をして元の状態に戻しますが、損傷を受けた部分や修理の内容によっては、修復歴車に該当することがあります。

修復歴車に該当してしまうと、買取業者による査定価格が大幅に減額されるだけでなく、中には買取不能と言われてしまうケースもありますので、修理歴や事故歴がある車を売りたい方は、修復歴車に該当するかよくチェックしておきましょう!

こんな車は修復歴車になる!

 どのような損傷や修理であれば修復歴車になるかというのは、1997年に自動車公正取引協議会日本自動車査定協会日本中古自動車販売協会連合会自動車販売協会連合会が主体となって明確な認定基準が定められました。

この基準は査定士が日常的に使用している「中古自動車査定基準」でも同じものが定められています。この中で修復歴車とは、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」と記載されています。

つまり、事故歴や修理歴に関係なく、"車の骨格部分(フレーム部分)に損傷を受けたり修理した場合は修復歴車に該当する"ということです。

では具体的に車の骨格部分(フレーム部分)というのはどういった部分なのか、下のイラストでみていきましょう!

修復歴車の認定基準

骨格(フレーム)名

  1. フレーム (サイドメンバー)
  2. フロントクロスメンバー
  3. フロントインサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. ルームフロアパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ラジエータコアサポート

上記の1~8の骨格(フレーム)部分に損傷があったり、損傷を修理したりすると修復歴車に該当します。なお、ボルトは含まれません。

9のラジエターコアサポートについてのみ、交換されており、かつ同時に隣接する骨格部分にヘコミや曲がりなどの損傷、またはその損傷を修理した場合は修復歴車に該当します。少しわかりにくいですが、隣接する骨格部分に損傷や修理跡がなければ、たとえラジエターコアサポートを交換していたとしても修復歴車には該当しないということです。

以上が正式な修復歴車の認定基準になります。

しかしこれらの骨格部分はボンネットを開ければ見える部分もありますが、車を持ち上げて下から見たりボディーの外板を外す必要がある部分もありますので、何らかの修理をした経歴のある車は、修理をした整備工場にどのような修理であったのか?また修復歴車に該当するのか?と直接聞いてみるのが1番確実かと思います。

なお、修復歴とよく似た言葉に、「事故歴」や「修理歴」という言葉があります。事故車や修理歴車と呼ばれることがありますが、こちらは修復歴車に該当しませんので、修復歴車ほどの査定価格の大幅な減額はありません。むしろ意外に高く売れるケースも大いにあります。

買取における修復歴車の取り扱い

 修復歴車に該当する車は、実は買取においては非常に厳しい現実に直面することになります。一般に修復歴車というのは、非常に安値、又は値段がつかないというケースが多いからです。

車の購入者の立場で考えてみると、修復歴車と書いてある中古車が店頭に展示してあって買いたいと思いますか?思いませんよね。ほとんど買い手がつかないと言っても過言ではありません。

そのため修復歴車はとんでもない破格で売り出されるケースが多く、「この車安すぎるな~。」と思って詳しく見てみると、だいたいが修復歴車です。

しかし修復歴車といっても見た目はすごくきれいな場合もあります。見た目さえよければあとはどうでもいいという方であれば話は別ですが、修復歴車であるということは、車の骨格部分に損傷を受け修理した車ということです。

車というのはフレーム(骨格)とボディ部分が絶妙なバランスで一体となっています。また最近の車は衝突時の衝撃をフレームとボディ全体に波及させて乗員を守る構造をしているため、どこか一部の衝撃であっても全体のバランスはどうしても崩れてしまい100%元に戻すのは非常に困難です。

そのため見た目はきれいな修復歴車であっても、まっすぐ走らなかったりカーブでの挙動が安定しなかったり、変な振動が起きる可能性が大きいのです。そのため修復歴車は例え買取であったとしても相場価格の10%以下でしか売れないと考えておくとよいでしょう。

しかし買取業者によっては海外輸出や部品取りのルートも持っている場合がありますので、やはり複数業者に査定依頼をして価格競争をさせることで、少しでも高く売ることは可能です!

修復歴車だからとあきらめてタダ同然で売ってしまうのではなく、複数の買取業者に査定依頼をしてみて、少しでも高い査定価格を出してくれる業者に売りましょう!

ちなみに予備知識として、例えば買取業者の査定士が修復歴を見抜けなかったとして普通の中古車と同等の高い査定価格で修復歴車を買い取ったとしましょう。売買契約後に修復歴車だと判明したから返品すると言われたとしても、私たち消費者が返品に応じる義務はありませんので、ご安心を^^

車を高く売るためにやること

車を少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をして業者間で価格競争をさせることが大切です!まずは下記の一括査定サイトでネット査定をして参考価格情報を集めましょう!その後実際に見に来てもらって、実際の買取価格を収集してから業者間で価格競争させることが大切です!ちなみに「試しに自分の車の価格を知りたい。」という軽い気持ちでの利用もOKです!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手どころに一括で見積もりをとることができます。ここさえおさえておけば他のところで見積もりを取る必要は特にありません。

廃車ラボ

こちらは不動車・事故車・放置車・鍵なし車など、一般的な買取業者ではなかなか値段がつかないような車専門の買取業者です。廃車の引き取り費用・廃車手続き代行費用・スクラップ費用もすべて無料でやってくれます。全国対応ですので難ありな車を売りたい方におすすめです!

ちなみにガリバー には「ガリバー廃車パック」という廃車専用のプランがあり、査定価格0円の場合でも無料で引き取りから廃車手続き、税金や強制保険の還付金手続きまで行うというサービスがあります。

※ 人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW