top > 高く売れる車の特徴

高く売れる車の9つの特徴

高く売れる車の9つの特徴を具体的な理由も含めて解説しております!

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

高額査定のポイント

車は売るときに査定の対象となるポイントがいくつか存在します。そのポイントをしっかりと抑えている車が高い金額で売買をされているのです。

しかし、一言で査定の対象となるポイントといっても明確なものではありません。ただし、ほとんどの車種で共通するポイントは存在しています。

それは大きく分けて9つあり、これは車を売るための最低条件といってもよいでしょう。

  1. 人気車種
  2. グレード
  3. ボディカラー
  4. 年式
  5. 走行距離
  6. 修復歴
  7. オプション
  8. 清潔感
  9. 定期点検

1つ目は売りたい車が人気車種であるかどうかです。新車で販売されていたときに人気のあった車は中古車になっても人気はあります。多少条件が悪かったとしても査定の対象として見られることのほうが多いです。

次に2つ目はグレードです。中古車であれば新車では手が届かないグレードでも購入することができるため、需要が高くなります。

3つ目はボディカラーです。基本的に人気の色はどの車でも同じで白系か黒系が人気です。新車の時に特別仕様車であってもあまりにも奇抜な色は需要がないため高く売ることは難しくなってきます。

4つ目は年式が新しいことです。年式で見られるのは、その年式の中で高いグレードなのかそうでないかということです。そのため、年式が新しくてなおかつグレードが高ければより高値で売ることができます。

5つ目に走行距離が少ないことです。年式もさながら走行距離が多い車はそれなりに使用されているため劣化が激しくなります。そのため車の状態を考える上でも走行距離が少ないほうが高値で売れます。

今からでも間に合う

6つ目に修復暦がないことです。事故車の場合は車の評価が非常に下がります。ただし、骨格の修正を行なっていなければ事故車とは見られませんので多少の擦り傷程度は問題ありません。

7つ目はオプションなどの装備品です。主にメーカーやディーラーで取り付けたオプションはプラス査定の対象になります。

ここで注意しておきたいのが自分で取り付けたオプションです。ホイールやマフラーなど社外品をつけたからといって自己満足の世界と認識されてはかえってマイナス査定の対象になりかねません。

8つ目は清潔感です。外装は小まめに洗車をして、内装はしっかりと埃やゴミを散らかさないようにしましょう。また爪の引っかき傷などの浅い傷はコンパウンドなどで消しておきましょう。

9つ目は定期点検です。定期的にオイル交換や点検を行なっていることもプラス査定の対象になります。点検を行なった際は定期点検記録簿などに明記しておきましょう。

このように普段何気なく使っている車ですが少しのことを注意するだけで査定をしてもらったときの金額に大きな差が出てきます。車の乗換えを検討している方は今一度自分の愛車を振り返ってチェックしてみましょう。

売り先は国内だけではない!

国内で乗ることを前提とした中古車の場合、走行距離も多くなく、小ぎれいで、人気のある車というのが、もてはやされる傾向にあります。

そのため、走行距離が10万キロを超えた車は買い手が敬遠(以前ほどではありませんが)しがちですし、車両に傷やヘコミといったダメージが多いものを、客は嫌がるのが普通です。

また、国内での新車の売れ行きが好調な車は、中古車の人気も高いものです。しかし、国内ではなく国外はどうでしょうか。

海外市場での中古車に対する見方は、日本国内とは大きく異なります。走行距離10万キロは、日本では「老人」扱いされますが、海外では「20~30歳ぐらい」に例えられ、30~50万キロ程度まで大切に使われることが珍しくありません。

多少のキズやヘコミにも寛容です。つまり、日本国内ではイマイチ感のある中古車であっても、海外には高く売れる可能性があるのです。

軽自動車以外は、「白」を買うのは避けたほうが無難

その際に特に大切なのは、ボディカラーです。日本では白(ホワイトやアイボリー)が人気ですが、従来から海外では、白は「ノーカラー」(色なし)と言われることもあるぐらい、意外に歓迎されない傾向にあります。

最近ではヨーロッパなどで白も人気が出ているものの、発展途上国や新興国も含めた多くの国々では、たとえば赤や黄色、緑色などのほうが引き合いが強いものです。

このことから、愛車を売却するときのことを考えた購入を戦略的に行う場合には、今後ますます盛んになるであろう海外向け中古車輸出を考慮し、「色のついた」車を買っておくのがいいでしょう。

但し、軽自動車については、海外にはほとんど出ませんので、国内で人気が安定している白系統を買っておくのも選択肢のひとつです。

 

シェアお願いしますの画像
  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る