top > 買取査定前の洗車はどれぐらいまですべき?やる意味ある?

買取査定前の洗車はどれぐらいまですべき?やる意味ある?

車を少しでも高く売りたいなら軽く洗車をして、査定員の印象をよくすることは大切です!しかしどれぐらいまできれいにすべきでしょうか?そもそも査定額にどれぐらい影響するかわからない中、やる意味はあるのでしょうか?

車を買い替えたいなと思ったら今乗っている車の処分をどうするか考えます。新しく車を買うところで下取りに出すかもしくは中古車買取り専門店に買取ってもらうか、それとも廃車にするかなど処分の方法はたくさんあります。

その中でも、誰しも今乗っている車が少しでも高く買取ってもらえるならと思い中古車買取り専門店にいきます。

そこで、査定をしてもらって査定価格を出してもらったところまではよかったけど思ったような査定価格ではなかったということはよく聞く話です。

もしも査定価格が思っていたほど高くなかったとしたら査定をしてもらう前の下準備がいけなかったのかもしれません。

下準備とは査定価格を少しでも高くする秘訣のようなものです。

車検証や自賠責、点検記録簿などの必要書類が車に乗っているか、室内を掃除しているか、線傷などの小傷は消しているか、洗車をしているかなどがあげられます。

やっておきたい洗車はこれぐらい

まず車検証や自賠責、点検記録簿などは車の車種を絞り込むために使用します。また車検の有効期限や、自賠責の有効期限、点検記録簿の中身がプラス査定の対象となります。

次に室内の清掃は売主の第一印象だと考えてもおかしくありません。清潔感のある売主には誠意を持って対応したいと営業マンは考えます。少なくとも汚れている車の売主よりも印象は確実によくなります。

次に線傷などの小傷ですが、ドアノブにはよく爪でついた引っかき傷が目立ちます。これらはマイナス査定の対象となりますし、コンパウンドを使用しなくてもワックスで磨けば消える程度の傷です。

自ら消せる傷であればわざわざマイナス査定の対象を放置している理由はありません。最後に洗車をしているかですが、室内同様外観の綺麗な車は売主の高感度を上げます。

極端な話では汚れているトイレと清潔なトイレではどちらを使いたくなるか考えてみてください。想像しただけで清潔なトイレを使いたいと感じるはずです。

入念に洗車をするとなおよいですが、もしも時間がない場合は簡単で構わないので査定をしてもらう前は洗車をするようにしましょう。

だからといって、洗車機にかけて水を拭き取らずそのままにしておくと水垢の原因になりますので拭き取りまでは行ないましょう。

ちなみに査定をするときはボンネットも開けます。もしも時間に余裕があるならボンネットの中も掃除をしておくとより好印象を与えることができます。

査定をする営業マンも人間ですので、営業マンに「この車に乗りたい」と思わせるような洗車を心がけましょう。

洗車することでどれぐらい査定額に影響する?

洗車すると査定スタッフの印象が良くなって査定額が上がる、というのは半ば車買取に対するユーザーの常識になっています。

また買取業者の公式サイトを見ても洗車はしておいた方がよいという記事を目にすることがあります。

確かに洗車しておけば見た目はきれいになりますが、だからといって必ず査定額が上がるというものではありません。

買取業者は利益優先なのでたとえ洗車できれいになっていても減点対象まで見逃すわけではないのです。

したがって洗車をするのであれば、減点対象に対してできる範囲のことをやっておくことが大切です。

ユーザー自身が洗車で減点対象を解消できるのは「爪が引っかからない程度の擦り傷で塗装の光沢をうしなったもの・水垢の汚れ・タールの付着など」です。

これらの減点は5点、約5千円が全体査定額から引かれます。

爪がひっかからない程度の擦り傷、水垢の汚れはカーケミカル用品の水垢取りコンパウンドで磨けば目立たなくなりますし、ボディ下部に付着しているタールやピッチといった黒い染みはピッチリムーバーを使えば汚れを落とすことができます。

また樹脂製のヘッドライトカバーが水垢でくすんでいる場合もコンパウンドを使うことでクリアな表面を取り戻すことができます。

やる意味のある洗車とない洗車

擦り傷やタール・ピッチの付着程度であれば洗車のついでに作業できますが、ボディ全体の光沢を取り戻すような作業は減点金額を考えると割が合いません。

あまり意味のない洗車となります。

意味のある洗車はむしろ車内を中心に行ってください。

内装の減点対象には「室内にタバコ・ペット等の悪臭がある」だけで40点、「天井や内張り等にタバコのヤニが付着している」は60点、「ペットのにおいがあって毛も付着している」と80点に達します。

タバコも吸わずペットも乗せないからと安心するのは早計です。車内の悪臭は意外と本人だけが気が付かないというケースが多いのです。

臭い取りはカーケミカル用品でスチーム消臭系の商品を使えばエアコン臭も同時に軽減させることができます。

ドアやルーフなどのトリム類、ファブリック系のシート地は水で薄めた中性洗剤にクロスを浸け、固く絞ってから拭き取るのが効果的です。

またフロアマットも悪臭原因のひとつなので、すべてのフロアマットを外に出し、ホコリを叩いた後に中性洗剤とタワシを使って洗浄してください。

ここまで車内を清潔にしておけば確かに査定スタッフのイメージも変わり、減点対象のポイントが少なく可能性は十分に出てきます。

車を高く売るためにやること

車を少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をして業者間で価格競争をさせることが大切です!まずは下記の一括査定サイトでネット査定をして参考価格情報を集めましょう!その後実際に見に来てもらって、実際の買取価格を収集してから業者間で価格競争させることが大切です!ちなみに「試しに自分の車の価格を知りたい。」という軽い気持ちでの利用もOKです!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手どころに一括で見積もりをとることができます。ここさえおさえておけば他のところで見積もりを取る必要は特にありません。

廃車ラボ

こちらは不動車・事故車・放置車・鍵なし車など、一般的な買取業者ではなかなか値段がつかないような車専門の買取業者です。廃車の引き取り費用・廃車手続き代行費用・スクラップ費用もすべて無料でやってくれます。全国対応ですので難ありな車を売りたい方におすすめです!

ちなみにガリバー には「ガリバー廃車パック」という廃車専用のプランがあり、査定価格0円の場合でも無料で引き取りから廃車手続き、税金や強制保険の還付金手続きまで行うというサービスがあります。

※ 人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW