top > 車買取まとめ > 車の買取に絶対!必要な書類

車の買取に絶対!必要な書類

車の買取に絶対!必要な書類

車を買取業者に売却する際には、自動車検査証や納税証明書など必要になる書類が複数点あります。普通車のケースと軽自動車のケースでわかりやすくご解説しております!

売却時に必要な書類一覧と解説

車を売却する際にはさまざまな書類が必要になります。車を買取業者に売却する場合、普通車のケース軽自動車のケースで必要書類が若干異なります。

どこの買取業者に売却する場合でも必要書類は同じですので、買取NO.1のガリバー を例にとって必要書類をご説明したいと思います。

普通車のケース

普通車を売却する場合は、以下の書類等を自分で用意する必要があります。

  • 自動車検査証(車検証のこと)
  • 印鑑登録証明書(1か月以内のもの)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 振込口座(メモでも可)
  • リサイクル券

自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合は、別途住所を変更したことがわかる住民票が必要になります。

結婚等で氏名が変わっている場合は、戸籍謄本が追加で必要になります。

軽自動車のケース

軽自動車を売却する場合は、以下の書類等を自分で用意する必要があります。

  • 自動車検査証(車検証のこと)
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車税納税証明書
  • 印鑑(認印でも可)
  • 振込口座(メモでも可)
  • リサイクル券

軽自動車を売却するケースでは普通車のケースと異なり、実印と印鑑登録証明書が不要になりますので、必要書類等は少なくて済みます。

ちなみに買取業者に売却する場合、手続きを代行してもらうために譲渡証明書や委任状が必要になりますが、こちらは買取業者が用意してくれます。

また他にも、整備記録簿や新車購入時についてきた取扱説明書、スペアキー、純正部品などがあれば一緒に用意したほうがプラス査定につながります。

上記の書類を失くした場合の再発行先

車の中に書類を置きっぱなしにしていると失くしてしまうこともよくあります。それぞれの書類を紛失した場合の再発行先を記載しておきます。

自動車検査証(車検証)

ナンバーを登録した管轄の陸運局で再発行できます。身分証明書と印鑑が必要です。再発行手数料300円、申請書の用紙代が100円程度かかります。

自賠責保険証明書

加入している保険会社にて再発行可能です。費用は無料のケースがほとんどです。本人確認ができる証明書が必要になります。

納税証明書(自動車税納税証明書・軽自動車税納税証明書)

納税した管轄の都道府県税事務所で無料で再発行可能です。

ガリバー独自の売却時に便利なサービス!

車を売却する際にはさまざまな手続きや、車の状況によって別途必要になる手続きがあります。

サービスが手厚い買取業者によっては独自のサービスを提供しているところもありますので、買取NO.1のガリバー の充実したサービスをご紹介しておきたいと思います。

手続き代行サービス

車を売却すると車の所有者名義が本人から買取業者の名義に一旦変更されます。

これを「名義変更」といいますが、ほとんどの買取業者が手続きを無料で代行してくれます。

売却する際に譲渡証明書や委任状を書くのは、買取業者が本人に代わって手続きをするためのものです。

代車無料サービス

代車まで用意している買取業者は少ないのですが、ガリバー は最大手ですから売却時に車が必要な場合は代車も無料で貸し出してくれます。

下取りであれば新しい車と古い車を入れ違いで乗ることができるのですが、買取の場合は先に売ってしまうので新しい車が来るまで車に乗れないというデメリットがありました。

代車無料サービスがあれば、このデメリットが解消されます。またすぐに売却することができますので、相場が下がる前に売ってしまえるというメリットもあります。

ローン残債サービス

人によってはまだ車のローンが残っている車を売却する方もいらっしゃいます。ガリバー ではそのような方が困らないために、ローンが残っている車の売却もスムーズに行うことができるシステムがあります。

ローン残債よりも買取額が多い場合は、買取額からローン残債を差し引いてお金が支払われます。

逆に買取額よりもローン残債の方が多い場合には、別途残債分を現金でお支払いいただくか、クレジットカード等で新たにローンを組みなおすこともできます。(フォロークレジットまたはレスキュープラン)

まとめ

以上が車の買取の際絶対に必要になる必要書類とその解説です。

普通車のケースと軽自動車のケースで若干異なりますが、どの書類も絶対にあるはずの書類ですので、事前に車のダッシュボードなどを確認しておきましょう!

中でも1番失くしやすいのは自動車税納税証明書です。こちらはコンビニ払い等で支払った場合には、領収書となる半券を切り取って保管しておく必要がありますので注意しましょう!

売却する際には買取業者の方から丁寧に説明されますし、失くした場合も再発行の仕方を丁寧に教えてくれますので、言われるがまま用意すれば良いです。

車を高く売るためにやること

車を少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をして業者間で価格競争をさせることが大切です!まずは下記の一括査定サイトでネット査定をして参考価格情報を集めましょう!その後実際に見に来てもらって、実際の買取価格を収集してから業者間で価格競争させることが大切です!ちなみに「試しに自分の車の価格を知りたい。」という軽い気持ちでの利用もOKです!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手どころに一括で見積もりをとることができます。ここさえおさえておけば他のところで見積もりを取る必要は特にありません。

廃車ラボ

こちらは不動車・事故車・放置車・鍵なし車など、一般的な買取業者ではなかなか値段がつかないような車専門の買取業者です。廃車の引き取り費用・廃車手続き代行費用・スクラップ費用もすべて無料でやってくれます。全国対応ですので難ありな車を売りたい方におすすめです!

ちなみにガリバー には「ガリバー廃車パック」という廃車専用のプランがあり、査定価格0円の場合でも無料で引き取りから廃車手続き、税金や強制保険の還付金手続きまで行うというサービスがあります。

※ 人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW