top > 車買取まとめ > 買取業者による査定価格の算出方法

買取業者による査定価格の算出方法

買取業者の査定では車両本体(外装・内装・エンジン・足回り)、装備品、商品価値(タイヤ・走行キロ・車検残・自賠責残・修復歴等・その他)といった項目により加減点が行われます。実際の査定価格の算出方法をご紹介しております!

買取業者による査定価格の算出方法

査定価格の算出方法 車を買取店に売却する際は、買取業者の担当者(査定士)による「査定」が行われます。

実際の査定では査定する人によって査定価格に大きくばらつきがでないように、あらかじめどうやって査定価格を算出するのかという基準が定められています。

この基準はJAAI(日本自動車査定協会)によって定められており、各買取業者の査定ではこちらの基準に準じた査定が行われています。それでは実際の査定価格の算出方法を見ていきましょう!

まず車には車種に応じて「クラス」が決められています。詳しくはこちら(車種別クラス分け表一覧)で解説しておりますが、国産車の場合は特C~軽まで8個のクラス分け、輸入車の場合は特~Ⅵまで7個のクラス分けがされています。

査定する車がどのクラスに属するかを調べ、市場で取引されている実際の小売価格を元に「基本価格」 が決定されます。基本価格が決定されればこの価格を基準として、個別の車の状態に合わせた査定を行っていきます。

車には「標準状態」という考え方があり、以下の6項目が標準状態であると決められています。

標準状態

  1. 外装・内装は無傷である
  2. エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること
  3. 車検の残り月数は3ヵ月以内とする
  4. 走行キロ数は標準走行キロとする
  5. タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること
  6. その他、事故による修復歴、損傷減価要因、改造工作のないこと

※ 標準走行キロとは、1年1万キロが標準とされています。5年間所有した車であれば走行距離5万キロ程度が標準走行キロとなります。

以上の6項目が標準状態であるとされています。

次に、買取業者の査定士が車を実際に隅々まで点検(詳しくはこちら→査定士による中古車の検査手順)し、それぞれの項目と照らし合わせて「加減点」を行っていきます。加減点をイメージ化したものが下の図になります。

査定項目別の加点・減点の適用区分
  車両本体 装備品 商品価値
  外装
内装
電装 エンジン
足回り
タイヤ 走行
キロ
車検残 自賠責残 修復歴等 その他
加点    
加減点
なし
標準状態(基本価格)
減点    

黄色の背景の部分が上であげました6項目の標準状態です。標準状態は基本価格ですのでプラスマイナス0(加減点なし)となります。

どの項目も基本的には加減点がありますが、電装・修復歴等の項目には加点はありません。これはお分かりになると思います。(修復歴について詳しくはこちら ⇒ 修復歴車に該当するか要チェック!)また車検残・自賠責残はなくともマイナス査定にはなりません。

以上の表に標準状態6項目を照らし合わせて最終的な点数を決めていきます。例えば、標準状態では「外装・内装は無傷である」とされていますが、車のボディに傷がついていたりシートにやぶれがあれば減点となります。逆にタイヤが残り3mm以上残っているということであれば、「タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること」が標準状態とされていますから加点されるということになります。

実際にどういった加点や減点がされるのかについては、以下のページで詳しく解説しております。

以上のように、まずは「基本価格」を調べ、そこから査定士の査定による「加減点」が行われて最終的な「査定価格」が決定する!という流れになります。

ややこしいように思える査定価格の算出方法ですが、大きな視点で見ると意外と簡単な方法となっています。

ただし、例えば1番はじめに決定される「基本価格」ですが、これは査定を行う車種に対して買取業者の得意不得意にも影響される価格になりますので、買取業者によって同じ価格ではありません

また「加減点 」を行う実際の査定でも、標準化されているとはいえ人間が行うことですから、やはり査定士の技量や経験によっても異なってきます

結論から言いますと、"どこの買取業者でも同じような価格ではない!"ということです。A社では15万円しか値がつかなかった車が、B社では30万円になったということも十分にありえるのです。倍くらいなら普通にあります。

そのため車を売る際は1社の査定だけで売ってしまうのではなく、複数社に依頼して査定してもらうことが大切になるのです!ついでに価格交渉で買取価格を吊り上げればより高く売れます。

一括査定サイトを利用すれば1分の入力で複数業者に依頼できるので便利です^^

かんたん車査定ガイド

車を高く売るためにやること

車を少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をして業者間で価格競争をさせることが大切です!まずは下記の一括査定サイトでネット査定をして参考価格情報を集めましょう!その後実際に見に来てもらって、実際の買取価格を収集してから業者間で価格競争させることが大切です!ちなみに「試しに自分の車の価格を知りたい。」という軽い気持ちでの利用もOKです!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手どころに一括で見積もりをとることができます。ここさえおさえておけば他のところで見積もりを取る必要は特にありません。

廃車ラボ

こちらは不動車・事故車・放置車・鍵なし車など、一般的な買取業者ではなかなか値段がつかないような車専門の買取業者です。廃車の引き取り費用・廃車手続き代行費用・スクラップ費用もすべて無料でやってくれます。全国対応ですので難ありな車を売りたい方におすすめです!

ちなみにガリバー には「ガリバー廃車パック」という廃車専用のプランがあり、査定価格0円の場合でも無料で引き取りから廃車手続き、税金や強制保険の還付金手続きまで行うというサービスがあります。

※ 人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW