top > 車買取業者人気ランキング

【2018年最新】高価買取可能おすすめ車買取店人気ランキング

こちらのページでは、「中古車流通総覧2017」という業界関係者向けの資料を元に人気買取業者を、買取台数(シェア)順で1位~8位までおすすめ順に順位付けしております。複数社を比較して+10万円高く売ってくださいね!

愛車の価値を今すぐ知りたい方はこちらから45秒で最大10社に査定依頼ができます。

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

私の経験からおすすめする高価買取車買取業者人気査定サイト

私はこれまで10台以上の車を売却してきましたが、初心者でも手を出しやすく高く売れやすいのは買取です。車の買取をスムーズに進めるためには、まずは 一括査定サイトに依頼します。最大手が安心ということであればガリバー でもよいでしょう。

ただし、買取台数が多いからといって自分の車が高く売れるとは限りません。高く売れるかどうかはその時の業者の基準によって異なります。だからたくさんの業者に査定をしてもらった方が高く売れる確率が高くなるのです。

車買取業者おすすめ人気ランキング!高価買取

年間の車買取台数順に1位~8位までご紹介したいと思います。

1位 ガリバー

ガリバー

おすすめ度:★★★★★

公式サイト:https://221616.com/satei/

業者名 年間買取実績 シェア 受付
ガリバー 約22万台 30.2% 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

ガリバーは車買取査定業の最大大手です。主要買取業者のなかでも買取実績は抜きん出て多く、2017年度の買取台数では業界トップに立っています。

これまで約300万台以上の買取実績を持つだけに買取に関するノウハウの蓄積は豊富で、売却主の不安や疑問に対して丁寧に応える姿勢他業者よりも高い買取価格の提示が高い支持を得ました。

ガリバーが業界トップを続けている理由は業界全体を牽引する新しいシステムを常に開発していることです。

以前は買い取った中古車をプールセンターに保管、2週間以内にオークションなどで売却するという方針を取っていましたが、現在はプールセンターの代わりに低価格車ハイブリッド専門店など展示場を設けて2週間展示するという新しい方針に切り替えています。

利用者が多いのでさまざまな口コミや噂はありますが、安定した高価買取を実現している業者ですので、外せません。

2位 ビッグモーター

ビッグモーター

おすすめ度:★★★★★

業者名 年間買取実績 シェア 受付
ビッグモーター 約14万台 19.2% 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

1980年創業の西日本では最大級の中古車買取・販売業者です。2015年には本社を東京に移転、現在は西日本だけでなく関東や東北でも事業展開をしており、全国で242店舗を構えています。

ビッグモーターの強みは直営店が多く、中古車の買取から販売、車検や損保保険、リースや修理、板金塗装など中古車に関するユーザーの要望をすべて店舗で対応できるワンストップサービスを実現していることです。

また関西圏では高い人気を集めていた買取・販売店のハナテンをグループ参加に収めたことで、ハナテンが所有するオートオークションの運営が可能になりました。

買い取った中古車で状態の良い車種は自主流通に回し、他の車種はオートオークションに出品するという効率の良さが買取価格の高さに反映しています。

最近ガリバーに追いつこうと必死にがんばっていますので、こちらも外せません。

3位 ラビット

ラビット

おすすめ度:★★★★★

業者名 年間買取実績 シェア 受付
ラビット 約12万台 16.5% 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

日本最大級のオートオークションを運営しているUSSのグループ会社です。

USS運営によるオートオークションでは全国17の会場で毎週約45000社が競り合いをしており、年間約225万台が取引されています。

この取引情報をリアルタイムで買取価格に反映できるのがラビットの特徴です。

中古車市場ではどのような車種が高値で取引されているのか分かり、買い取った中古車は即、USS運営のオートオークションに出品できることから高価買取を実現しています。

自社でオートオークションを持っているのはラビットの他社にはない強みです。別基準からの高価買取が期待できます。

4位 T-UP(トヨタ)

T-UP

おすすめ度:★★★★・

業者名 年間買取実績 シェア 受付
T-UP 約7.2万台 9.9% 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

トヨタの中古車を売却する人から高い支持を得たのがT-UPです。

トヨタは中古車登録台数が新車登録台数を上回った1990年代後半より中古車販売に着目しており、かつては下取りに出されていた車両を中古販売店に流通させていただけでしたが、その下取り車を販売する「中古車専門店U-Car」を全国展開しました。

そのU-Carの車両数をさらに充実させるために設立されたのが「買取専門店T-UP」です。他メーカーの車種も買取を行っていますが、やはりトヨタ車の方が高い買取価格を提示しています。

買い取った車種を販売に向けてメンテナンスを行う際、トヨタ車であれば部品調達や修理が容易であるというのがその理由で、メンテナンスの分、必ず買取価格に上乗せがあります。

特にトヨタ車を売却する際、必ず売却先候補に入れておきたい業者です。

5位 アップル

アップル

おすすめ度:★★★★・

業者名 年間買取実績 シェア 受付
アップル 約6.5万台 8.9% 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

1989年に創業という買取業者では長い歴史を持っているのがアップルです。現在、フランチャイズ制の店舗は全国で210店以上となり、25年間で買い取った台数は約130万台の実績を持ちます。

フランチャイズ店に対する教育が行き届いており、フランチャイズ店にありがちな強引なセールスやトラブルが見当たらないことから高い信頼を得ました。

6位 カーチス

カーチス

おすすめ度:★★★★・

業者名 年間買取実績 シェア 受付
カーチス 約4万台 5.5% 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

買取業者としては中規模ですが、大手に負けない営業姿勢によって第6位に入ったのがカーチスです。買取業者ランキングの某サイトでは8年連続で買取満足度NO.1に輝いています。

店舗数は59と少ないのですが、全国のオートオークションの在庫状況や相場価格、求車情報をリアルタイムで集約する独自のプライシングセンターを設けており、価格專門のスタッフによる的確な買取価格の提示が他社に負けない高価買取りを実現させていることからユーザーの支持を得ました。

7位 ユーポス

ユーポス

おすすめ度:★★★★・

業者名 年間買取実績 シェア 受付
ユーポス 約4万台 5.5% 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

ユーポスは大阪を中心に関西から西日本を市場とした買取専門店です。現在、買取店の多くは中古車販売も併設していますが、ユーポスには販売経路がありません。

これはユーポスが関西で最大規模を誇るオートオークション、ベイオークの子会社であるためです。

ユーポスは買い取った中古車を店頭に置かず、そのままベイオークのオートオークション会場に運んでしまうので在庫のための店舗を必要とせず、運営コストを低く抑えられることから高い買取価格を実現しました。

また、自社流通を持つ買取店は、売れない可能性のある買取対象車を低く見積もる傾向にありますが、ユーポスはオートオークションへ直接出品するため、買取対象車の範囲が広いことも特徴です。

関東圏では馴染みの薄い業者ですが、関西圏であれば店舗数が多いので買取を考える場合は選択肢に入れておきたい業者です。

8位 カーセブン

カーセブン

おすすめ度:★★★★・

業者名 年間買取実績 シェア 受付
カーセブン 約3万台 4.3% 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

1999年の創業と比較的新しい買取販売業者ですが、フランチャイズ制度の導入によって業務拡大し、現在は全国に120店舗を構えています。

一般的な買取・販売業者は買い取った車の一部をオートオークションに出品しますが、カーセブンはすべて自社流通に回します。オートオークションへの出品料や手間などが省けることから高価買取りが可能になっています。

またカーセブンでは買取に関して3つの約束事を掲げています。1つは買い取った車の引渡し日から7日間までキャンセル料不要で解約できること、1つは買取価格の一部(5万円を上限として)を当日中に前払いすること、1つは契約後の減額をしないことです。

この3つはユーザーにしてみると大きな安心材料となります。査定をするだけで樂天のスーパーポイントやANAマイレージクラブのマイルがつくこともユーザーに嬉しい特典といえます。

人気ランキング買取業者スペック比較!

買取業者の買取価格や年間買取実績などのスペックを一覧表にして比較しています!

買取価格については口コミ+独自調査による評価ですが、買取業者によって車種別の買取相場は日々刻々と変化しておりますので、高価買取を望むのならば複数社に査定してもらうことは必須となります。

※全店舗、出張査定無料、対応エリア全国、不動車・事故車OKとなっております。

               
買取業者 買取価格 シェア 年間買取実績
ガリバー 30.2% 約22万台
ビッグモーター 19.2% 約14万台
ラビット 16.5% 約12万台
T-UP(トヨタ) 9.9% 約7.2万台
アップル 8.9% 約6.5万台
カーチス 5.5% 約4万台
ユーポス 5.5% 約4万台
カーセブン 4.3% 約3万台

人気の車買取業者の高価買取可能な比較方法!

車買取業者は「買取」に特化した業者なので、当然ディーラーへの下取りよりも高く売れます。

買取は高く売れますが買取業者は大企業から中小零細企業までさまざまな会社があり、それぞれで今仕入れたい(買い取りたい)車種は異なります。

例えば、中古車市場では買取価格100万円の車種があったとして、A車では100万円と査定するところを、B社ではちょうど欲しいというお客さんを抱えているので110~120万円で査定するということもあり得ます。

買取業者は豊富に在庫を抱えておかないといけないので、特に欲しい車種の査定価格は他社にとられないように高く設定しているのです。

そのため、できるだけ高く売りたいのなら 一括査定サイトを利用して複数社に一括査定依頼をして、価格を比較することが大切です!

比較するのは人気の買取業者の実車査定価格!

査定

注意したいのが、一括査定サイトを利用してすぐにでる査定価格というのは「ネット査定」といって、あくまでも概算の買取価格です。

実際に査定員が実車を見て査定する「実車査定」が本当の買取価格ですので、一括査定サイトを利用すると買取業者の方からメールか電話で連絡がありますので、実車査定の日取りを決めましょう。

この際、ネット査定では高くない査定であっても、実車査定で大幅に上がる可能性もあるため、ネット査定だけで判断するのは禁物です。

最低3社には実車査定をしてもらい、最終的な買取価格で業者を比較することが大切です!

ちなみに 一括査定サイトに登録している提携店は、すべてJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している安心できる企業ばかりですので、悪徳業者は含まれておりませんのでご安心ください。

車の買取業者がおすすめな理由

買取業者

車を売る方法は大きく分けて2種類あり、「下取り」と「買取」です。

下取りというのは、ディーラーで新車を購入する際にそのまま元の車を売ることをいいます。買取は買取業者に車を売ることをいいます。

日本では古くからの慣習により、下取りで車を売る方が圧倒的に多いです。買取が一般的になってきた今でも、約6割の人は下取りで車を売っているという現実があります。

下取りというのはディーラーが買い取った後、一般のオートオークションに流します。

そしてオートオークションで買値がつけられどこかの中古車販売店で販売されるというしくみになっています。

ディーラーはそもそも新車を販売するところであって下取りには積極的ではありません。下取り車は営業マンの歩合給にも反映されないため、積極的でもありません。

さまざまなところを介して再販されますので、中間マージンが複数回かかり高く売れないのが想像できると思います。

対して買取業者ですが、多くの買取業者は買取と販売を両方行っています。

自社で買取、自社で販売するわけです。

すべて自社内完結ですから、オートオークションの出品手数料やその他諸々のマージンがかかってきません。

だから買取ではその分高く買い付けることができるので、私たちユーザーとしては車を高く売ることができるのです。

高価買取可能な車買取業者はタイミングによって異なる!

高価買取

車の買取は年中行っていますが、大手なら車が高く売れるというような噂が流れることがあります。

買取に関しては実はこれはあまりアテになりません。というのも、買取に関しては買取業者独自のタイミングによって買取価格が高くなったり安くなったり日々変動するからです。

例えば、SUVがよく売れる買取業者がいたとします。SUVの在庫がありません。しかしSUVを求めてお客さんが来ます。SUVが展示されていなければそのお客様は何も買わずに帰ってしまいますね。おそらく二度と来店しないと思います。

これは買取業者にとって大きな機会損失になりますので、いち早くSUVを在庫として取り揃えておく必要があります。

こういった買取業者であればSUVを他社よりも10万円以上高く買い取ってくれます。

しかしこのタイミングというのは、外部からみてもわかりません。一度査定してもらわないことには、価格交渉もできないからです。

つまり、できるだけ多くの買取業者に実車を査定してもらって価格交渉することにより、良いタイミングの買取業者が見つかるのです。

そのためにはやはり 一括査定サイトを利用して、効率よく査定してもらうことが大切です。

車買取でおすすめの高い査定を引き出すコツ

高額査定

車の買取の前段階として必ず「査定」を行います。査定とは実車を買取業者の担当者が調べていくらで買取可能か提示することをいいます。

もちろん1度目に提示される査定価格は価格交渉により吊り上げることが可能です。

業者によっては1度目から限界価格で提示してくるところもあれば、10万円以上安く提示してくるところもあります。これは実際には複数社比べてみないとわからないことです。

ですので一旦3~5社に査定をしてもらってそれぞれの買取価格を並べて比較します。

例えば、査定価格が50万円と60万円の買取業者があったとしましょう。

50万円の業者はもっと高くできるかもしれません。60万円の業者は限界価格かもしれません。しかし実はもっと高くできるかもしれないのです。

こんな時は50万円の業者に65万円になりませんか?と交渉してみます。無理だと言われたら諦めて違う業者に交渉します。

おそらく業者は「65万円なら決めてもらえますか?」と聞いてくると思います。ここは一旦、「他社にもよりますがいいお値段ですね。」程度に留めておきましょう。

ここでわかったことが、65万円なら出せる業者があるということです。

ここで65万円の業者に「同じ査定を出してきたところがあるんですけどそちらで売りたいんで、もう少し上がりませんか?」と交渉してみます。

おそらく2~5万円程度は簡単に上がります。

価格交渉というのはこのように他社を引き合いに出して進めていくことで、お互いのライバル心をくすぐりながら、うまく買取価格を吊り上げていくことが大切です。

買取業者というのは地域ごとに担当があり、同じ地域で同じ担当者が何度もバッティングすることがあります。

ですのであそこには負けたくないという気持ちも芽生えてきますので、そこをうまく利用するのが、車を高く売るコツです。

査定士が教える車を高く売る方法

車買取業者の査定士が教える車を高く売る方法です。

買取業者が儲ける利益構造

買取業者は買い取った中古車を再販することで利益を出しています。

利益の計算式

買取業者の利益=販売価格-買取価格

非常にわかりやすい計算式ですが、買取業者は個人から中古車を仕入れ、それを自社の販売部門で販売したり、カーオークションに出品するなどして再販します。

仕入れ値を低く、販売価格を高くすることで買取業者の利益は膨らみます。

買取業者の買取額を上げる方法

上記を理解した上で愛車の買取額を上げる方法ですが、中古車の買取価格は一応の基準はあるものの、各買取業者で欲しい車種は異なるため、買取額にも差がでてきます。

例えば、中古車を購入するユーザーのほとんどがある程度車種を絞り込んでいます。例えば、ミニバンのヴォクシーが欲しいなどです。

その時買取業者にヴォクシーの在庫があればいいですが、在庫が少なく選択肢が少なかったり、状態が良いものが少なければ、すぐにでもヴォクシーを仕入れたいと思うはずですね。

このタイミングでこの買取業者に査定依頼をすることができれば、間違いなく買取価格は高騰します。

しかし業者内のタイミングを一般の消費者が知る方法がないため、可能性をあげるためにも1社だけでなく複数社に査定依頼をして、買取価格を提示してもらうとよいでしょう。

運よく今欲しい買取業者が現れたなら、積極的に高い買取額を提示してくるでしょう。

車買取人気ランキングの根拠、信用できる?

当ページのランキングについては業者向けの「中古車流通総覧2017」を元に作成しておりますので根拠が明確になっておりますが、ランキングの中には根拠があいまいで判断が難しいと感じるものもあります。

よく使われる信頼性の高い他サイトのランキングとして下記のようなものがあります。

上記のランキングサイトは実際に車買取業者を利用した人にアンケートを行い集計した結果ですので、一定の信頼性はあると思います。

ただし、各社のアンケート結果にはばらつきがありますが、どこが人気なのかはある程度予測できます。

各社第三者機関の買取業者ランキング表

上記業者のランキングした買取業者をまとめてみます。

           
  車選び.com オリコン ズバット車買取
1位 アップル アップル カーセブン
2位 カーセブン カーセブン オートバックス
3位 カーチス ラビット アップル
4位 ガリバー カーチス ラビット
5位 シーボーイ ユーポス カーチス

ランキングを見てみると、赤字で示したアップルと、緑色で示したカーセブンが人気があることがわかりますね。

このことから、愛車を高く売りたいならアップルとカーセブンは外せないということがわかります。

後は、ガリバーやラビット、カーチスなどもランクインしていますので、こちらも候補に入れると良いでしょう!

査定のプロは最低3社以上の買取業者へ依頼することをおすすめ!

買取業者が愛車を高く買い取ってくれるかどうかはあくまでもその業者がそのタイミングで欲しい車種かどうかといったところが1番大きいです。

そのため、ランキング上位だからアップルだけとかカーセブンだけとかで売ってしまうのではなく、高く売れる可能性が高い買取業者も含めた複数社に査定依頼をするとが必ず必要になってくるのです。

なぜ3社への査定依頼をおすすめるのか?その理由とは!

まず買取業者というのは中古車を仕入れて再販することで利益を得ています。

つまり、中古車を在庫として抱えていなければ商売が成り立たないのです。ですので、在庫は豊富に揃えておきたいですし、特に人気車であればなおのことです。

また買取業者の営業マンというのはエリアごとに担当が決まっていますので、何度も同じ営業マンと顔を合わせるということもしばしばあり、ライバル心が自然と芽生えてきます。

中には「あそこには負けたくない。」と闘志を燃やしていることもあります。

そのため、最低3社に査定依頼をして競争させなければ、高く売ることはできないのです。

車を高く売るなら一括査定サイトを利用するのがおすすめ!

買取業者に査定依頼をする際、こちらから一括査定サイトを利用することがおすすめです。

一括査定サイトを利用すると、1回の入力で複数の買取業者に査定依頼ができますので、手間が大幅に省けます。

年式、走行距離、車種、グレード、電話番号などを毎回入力するのは無駄な労力です。

また一括査定サイトを利用したことは各買取業者も把握することができますので、ライバル心に火がつき少しでも高い買取価格を提示してくれることもあります。

一括査定サイト、おすすめです!

ネットでよく見る一括査定とは

一括査定というのはその名の通り、一括で査定をしてもらうことです。正確にいうと、一度に複数の買取業者に査定依頼ができるということですね。

昔は車の買取業者1件1件に連絡をして査定しに来てもらう必要がありました。買取業者同士はライバル同士ですから当然です。

しかしネットの普及により、一度の入力で複数の買取業者に査定依頼ができるサービスが登場してきました。

年式や走行距離、車種、グレードなど細かい入力が一度で済みますので、ユーザーメリットになり、買取業者側からしても多くのユーザーから申し込んでもらえますので、現在では基本的には一括査定サイトを利用するのが一般的となっています。

複数の買取業者に査定依頼することで、1番高く買い取ってくれる買取業者を簡単に探すことが可能になっています。

車の一括査定を利用しないで売るデメリットとは

一言で言うと、”車が高く売れない!”ということです。

競争のないところで高く買い取ってくれる業者は存在しません。

買取業者は車を買取それを再販することで利益を得ています。そのためできるだけ安く買取、高く売りたいのが買取業者です。

例えば、50万円が相場の中古車があったとします。競争相手がいないとわかると、年式が古いことや傷やへこみなどを理由として、おそらく30万円~40万円で買い取ろうとするでしょう。

一括査定を利用しないと、信じられないほどの安い価格で買い取られてしまうことになります。

営業電話がかかってくる

一括査定サイトには電話番号を入力するところがありますので、買取業者から必ず電話がかかってきます。

これは高価買取のチャンスとなりますので、電話を受けて実車査定の日取りを決めたり、「〇社は〇〇万円提示してきました。」など、交渉にも使えるので逆にありがたいぐらいです。
ネット上には電話がしつこいなどの口コミがあることがありますが、「もう他社で売ってしまいました。」というと、一切電話がかかってこなくなります。

買取業者は車を買い取るのが仕事ですから、すでに他社に売ってしまった場合、それ以上電話をかける理由もないですからね。

個人情報を入力する必要がある

個人情報保護がうるさい時代ですから当然ですが、一括査定サイトには、氏名、電話番号、メール、住んでいる地域などを入力する必要があります。

ただ、一括査定サイトに登録されている買取業者はきちんとした正式な企業ですので、個人情報を変な形で悪用されることはないと考えてよいでしょう。

もしどうしても個人情報を入力したくないというのであれば、1社ずつ電話連絡をして、来てもらう労力をかける必要があります。;

車の一括査定のメリット

結論からいうと、”車が高く売れる!”ということです。

複数社の競争があることで、買取業者同士で勝手に買取価格を吊り上げてくれますので、ユーザーはほとんど労力なしに高く売ることができます。

また実車査定ではなくネット上で概算価格をすぐに知ることが可能です。

数分で複数の買取業者へ査定依頼できる

入力は年式、グレード、走行距離、車種など手元に車検証があれば数分で完了するほど簡単です。

入力が完了すればすぐに概算の査定価格が送られてきますので、無料で利用できるサービスとしてはとても優秀です。

高く売れる高価買取が期待できる

複数業者間で競争させることにより高価買取が期待できます。

さらに人気車であれば、多少の傷やへこみ、故障箇所があったとしても十分に高価買取が期待できます。

最近では特にコンパクトカーやミニバン、ハイブリッドカーに人気が集まっています。

愛車の相場をすぐに知ることができる

正確な査定価格は実車査定をしてもらうしかありませんが、ネット上で愛車の相場を知ることはできます。

愛車の相場を把握することで、「いくらなら売りますか?」という買取業者の質問にも答えやすくなります。

一括査定の流れ

一括査定サイトの流れは下記の4つのステップに分かれています。

1.一括査定サイトから申し込みを行う

一括査定サイトから氏名、住所、電話番号、車種、グレードなど必要事項を入力して送信します。

車検証が手元にあればスムーズで4分程度で送信することができます。

一括査定サイトによってはすぐに概算の価格がわかるようになっているところもあります。

2.買取業者からの連絡は電話かメール

入力した電話番号かメールアドレス宛に買取業者から連絡がきます。営業時間内であれば1分もしないうちに我先にと連絡がきます。
ご自分のスケジュールを確認しながら、高い概算価格を出したところ3社ぐらいに実際に来てもらい実車査定をしてもらうと良いでしょう!
査定自体は1時間弱ぐらいですが、その場にいる必要は特にありません。

3.実車査定・出張査定を受ける

買取業者に実際に愛車を見てもらい査定を受けることを実車査定と言います。

出張しますので出張査定とも言いますが、すべて無料ですのでご安心ください。

他にも査定依頼をしていることを伝えて、即決は絶対にしないようにしてください。

営業マンは「今ならこの価格で買い取ります。」と即決を迫ってきますが、必ずその価格よりも高くなりますので、即決せず複数社で競争させるとよいでしょう。

4.必要書類の記入、代金の受領

売却する買取業者が決まったら、業者が必要書類や手続きの流れをレクチャーしてくれますので、それに従えば簡単です。

売買契約書や名義変更のための手続きなどありますが、業者側からリストを渡されますので、それほど苦労するものではありません。

一括査定の注意点

一括査定は百戦錬磨のその道のプロと交渉するわけですから、注意しておかなければならないことがあります。

営業マンのセールストークに惑わされない

営業マンは他社で売られないようにあの手この手で安く買い叩こうとしてきます。
よくあるのが「今決断してくれるならこの価格で!」と一見高い買取価格を提示してきますが、間違いなくその金額より他社でなら高くなりますので即決はしないようにしましょう!

後は「他で査定してもらっていますか?」や「いくらなら売りますか?」など情報を聞き出そうとしてきますが、いくらでなら売りますというのは複数社に査定してもらって相場がわかった時点で高い金額を提示しましょう!

一括査定の必要書類

一括査定で愛車の売却先が決まったら、下記の3つの書類は必ず必要になります。

印鑑証明書

3か月以内に発行した印鑑証明書が必要になります。

自動車税納税証明書

自動車税は1年間を前払いすることになっていますので、売却時点で残りの月数分残っている場合は返還してもらうことができます。

紛失した場合は、普通車なら各地域を管轄する税事務所、軽自動車の場合は市役所もしくは区役所で再発行可能です。

自動車検査証(車検証)

次の乗り手に名義変更をするために車検証は必要です。
失くしている方は少ないと思いますが、紛失している場合は普通車の場合は各地域を管轄する運輸支局で再発行してもらいましょう!

自賠責保険証

車検証と一緒に保管しているケースが多いですが、自賠責保険は車にかけているものですので、他社に引き継ぐ際も業者側で名義変更が必要になります。

傷やへこみは直す?修理しない?

車に長年乗っていると多少の傷やへこみはあるものです。エクボ程度の小さなものからこすり傷など比較的大きな傷もあります。

買取業者が口をそろえて言うのは、絶対に修理しないでください!ということです。

まず素人がタッチアップペンなどで修復する場合、逆に見た目が悪くなったり、業者側で修理の手間が増えるだけです。

また修理工場や板金塗装屋さんに持って行って修理するのしても、修理費用分査定価格が上がるかというと上がりませんので、意味がありません。

買取業者は安く修理できるルートを確保していますので、余計なことはせずそのまま査定してまうことをおすすめします。

におい、たばこ、ペット臭などの消臭

車内でたばこを吸っていたり、ペットを乗せていたりすると必ず独特のにおいがつきます。

においの消臭には市販されているファブリーズや車の消臭剤などがありますが、完璧ににおいがとれる市販品はなく、完璧ににおいをとるなら業者のオゾン消臭しかありません。

においの成分としては、タバコ臭のもととなるアセトアルデヒド、ペット臭・体臭の元となるアンモニアが主です。

車のルームクリーニングや車内消臭の相場は5万円前後になります。

この費用をかけるぐらいなら何もせず車を売ってしまった方がお得です。

一括査定で高く売れた体験談

小林さんは10年乗ったコンパクトカーを一括査定で売ろうと思いました。

10年というと減価償却で車の価値はほぼ0円に近かったので、どうせ買取価格はつかないだろうと諦めていました。

案の定一括査定をすると、案の定0査定の業者が多かったものの、1社だけ「うち今コンパクトカーの在庫が少ないので5万円でなら買い取れます。」と言うのです。

小林さんは即決で売ることを決めましたが、高く売れないと諦めていても複数業者に聞いてみることで高く買い取ってくれる業者はあるものです。

みなさんもあきらめずに複数業者にアポイントをとって高く売りましょう!

車買取業者の口コミ・評判は信用してはいけない?

車買取業者について調べてみると、良い口コミや悪い評判などさまざまでてきます。

1つだけ言えることは、ネット上ででてくる口コミや評判ほど危険なものはありません。

特に、誰でもアクセスできるような素人の口コミや知人や友人の紹介などの評判も信用するのは非常に危険です。

知り合いの業者なども危険です。

なぜなら口コミや評判を書いている人と言うのは、本当に高く売れた場合もあると思いますが、高く売れたと勘違いして書いている場合もありますし、知り合いだから友人だからとあえて良い口コミや評判を書いている可能性もあるからです。

またもっと悪質なところだと、自社の人間が書いている可能性も大いにあります。

誰でも投稿できる口コミや評判は、別に第三者でなくてもよいわけで、自社の社員もしくは自分1人でも100件ぐらいまでならあの手この手で投稿することは十分に考えられます。
もちろん労力はそれだけかかりますが、100件がんばって口コミを良くすればお客さんが来てくれると思えば、個人レベルでも十分達成できる数字です。

口コミや評判を信じる人ほど結局安く買い叩かれている傾向がありますので、必ず自分の手で一括査定を依頼して、実際に目の前で買取価格を提示してもらうことが最も大切だということです。

口コミや評判は参考にもならない!ということを覚えておきましょう!

リセールバリューの高い車ランキング

車を買取で高く売る場合、愛車のリセールバリューが気になりますね。

リセールバリューとは

リセールバリューというのは、売る際の価格のことを言います。

要は、リセールバリューの高い車という言い方をするときには、売るときに高く売れる車ということですね。

逆にリセールバリューが低い車は、売る時に安くなる車のことを言います。

リセールバリューが高い車種の特徴

リセールバリューが高い車と言うのは認知度が高く長期にわたり安定した人気を誇っている車のことを言います。

アルファード、ヴェルファイア、プリウス、クラウン、ポルシェ、エルグランド、ヴォクシー、ベンツ、BMWあたりですね。

これらの車種は中古車市場でも人気が高いため、高く買い取ったとしてもすぐに売れるので、在庫で抱えてお来なくて良い分高く買い取ることが可能なのです。

リセールバリューが低い車種の特徴

反対にリセールバリューが低い車種というのは、不人気車、過走行車、事故車、改造車などです。

特に不人気車の場合、買取業者が買い取ったとしてもなかなか売れず再販まで長期化する可能性が高いため、在庫として抱えておかなければなりません。

在庫として抱えると、店舗運営費、水道光熱費、人件費、税金など、様々なコストがかかってしまいます。つまり、売れるまでどんどん利益が目減りしていくイメージです。

そのためこれらの車種の場合、在庫リスクのことも考えて安くでしか買取をすることができないのです。

車買取の「高額査定ランキング」は信頼できない!?

インターネット上には、車の高額査定ランキングを紹介するサイトが多数見つかりますが、正直にいいますと、ランキングを鵜呑みにすることはあまりおすすめできません。

というのも、上でもご説明したように、車の買取価格は「いつ売るか(タイミング)」によっても変わりますし、車種によっても違うからです(SUVの買取が得意なお店もあれば、改造車が得意なお店もあります)。

さらに重要なのが、「売る側の交渉スキルにもよる」ということです。高額査定ランキング1位の業者に持っていっても、売る側に車買取の知識がなければ足元を見られて安い価格でしか買い取ってもらえないこともありますし、逆にランク外の業者でも、うまく交渉すれば高価買取してもらえる可能性があります。

ですから、ランキング結果だけ見て行動すれば絶対に高く売れる、というわけではないのです。

車買取店の「買取実績」をチェックしよう!

このように、車の査定額は売主しだいというところもあるのが実情ですが、買取実績は実際のデータですから信頼できる情報になります。

実際に多くの人が利用している買取店は、やはり信用度が高いですし、車買取にくわしくない方でも一定の買取額が期待できる、いわば「間違いのない業者」です。

当ページでご紹介した人気ランキングは、年間買取実績の多い順に並んでいますので、その意味でも安心してご参考にしていただけると思います。

全体的に見ますと、やはり業界シェアナンバーワンのガリバーの買取実績は圧倒的です。もちろん、各店舗の担当者によっても対応は多少異なると思いますが、車にくわしくない方や交渉の苦手な方でも安心して利用できるお店といえるでしょう。

ただし、ほかの業者とも比較をしたほうが高値で売れる可能性が高いため、ランキング上位の業者がたくさん参加している一括査定サイトを利用するのがもっともおすすめです。

一括査定サイトを利用したほうが、その時点で他社と比較されていることが業者にもわかるため、より本気の査定額が期待できます。

シェアお願いしますの画像
  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW

ページの1番上へ戻る