top > T-UP(トヨタ系)

T-UP(トヨタ系)
車買取業者一覧と解説

車買取業者T-UP(トヨタ系)はどういった買取業者なのか?その詳細と評判、口コミなどを解説しております。

T-UP(トヨタ系)

項目 詳細 項目 詳細
公式サイト T-UP 即日出張 可能(要確認)
業界ランク 第3位 夜間の出張査定 可能(要確認)
買取価格 どこよりも高く 即時現金払い 可能(要確認)
買取キャンペーン 随時実施 事故車・不動車 可能
会社規模 大規模 運営会社 トヨタ自動車株式会社
買取対応エリア 全国 設立年月日 1937年8月
オンライン査定 代表者名 代表取締役社長 豊田 章男
出張査定料 無料 本社所在地 愛知県豊田市トヨタ町1番地
買取証明書の有無 資本金 3970億5000万円
名義変更手続き代行 年商 25兆6919億円(2014年3月期連結)
買取可能な車 すべての車 < 業務内容 >
事故車・不動車 可能 車の買取ブランド「T-UP」の運営、小売店舗の運営等
買取査定の受付 24時間対応

T-UPとは?

 T-UPは、売上高25兆円を超える巨大自動車メーカー、トヨタ自動車が手掛けるクルマ買取ブランドです。

トヨタ自動車のU-Car事業部が本部機能を担っており、全国のトヨタ系列ディーラーと密接に連携し、統一感のある買取事業を運営しています。

T-UPの店舗は、基本的にディーラーの新車拠点に併設されている場合が多いほか、U-Car(中古車)販売拠点などでも店舗展開がなされており、いずれも清潔感のあるグリーンの看板が目印となっています。

また、T-UP店舗には、入口などに大きな赤い鳥のイメージマスコットが置かれていますが、これは、「あ!かいとり・・・赤い鳥」というダジャレに基づいたもので、世界的自動車メーカーらしく、ゆとりや遊び心を感じさせるマスコットとなっています。

CM展開にも積極的に取り組んでおり、現在ではお笑いコンビの爆笑問題が出演しています。

トヨタが運営するのに業界トップじゃないのはなぜ?

 クルマ買取の分野におけるT-UPの業界シェアは、ガリバーラビットに次ぐ3番手につけています。世界トップクラスの巨大自動車メーカーにしては、意外な感じもします。

これは、トヨタが自動車メーカーとして技術開発部門や新車販売部門を強化し、世界的な販売網を築き上げた一方で、中古車部門については、新車ほどのウェイトを置いてこなかった影響の表れであると言えます。

その合間に、小規模な中古車専業者が雨後の竹の子のごとく多数開業し、中古車販売ビジネスがどんどん成長していきました。

ディーラーが新車を販売した際に下取りした中古車は、中古車専業者に安値で業販され、それを買った業者が別の業者に転売して小売店に並んだり、中古車オークションに出品するなどして、利ザヤを稼ぐことができる「金のなる木」となっていったのです。

そして、中古車オークションも、IT化や大規模化の進展によって、USS(ラビットの親会社である巨大オークション企業)に代表されるような急成長オークション企業が誕生しましたし、オークションを最大限に活用したビジネスモデルを構築したガリバーが買取業界のトップに君臨する状態となりました。

このように、資本力もあり、下取車を大量に受け入れているという優位な立場にあるはずのトヨタが、他社の躍進の「手助け」をするような格好となってしまったのは、実に不本意な出来事だと思えます。

T-UPは猛烈な巻き返しを展開中!

 そういった、中古車に対するこれまでの取り組み不足の反省から、現在のトヨタは中古車ビジネスに本気で取り組んでいます。

査定方法も、これまでの減価償却に基づく低めの査定額ではなく、中古車オークション相場と連動した高値での買取査定方法に移行しています。

また、トヨタの関連企業として、中古車オークション(TAA)を運営するトヨタユーゼックとも密接に連携し、買取から売却までディーラーの買取ビジネスをトータルにサポートする体制を構築しています。

とりわけ、T-UP店舗が実に1300店もあるという事実は、最大手の2社(ガリバーとラビット)を猛追するにふさわしい体制であると言えます。

ユーザーにとっては、高額査定を勝ち取る上で、業者同士の価格競争は歓迎すべきことです。売却をお考えのユーザーは、T-UPも含め、多くの業者の査定を受けるようにしましょう!(かんたん車査定ガイド

車を高く売るためにやること

車を少しでも高く売るためには、複数の買取業者に査定依頼をして業者間で価格競争をさせることが大切です!まずは下記の一括査定サイトでネット査定をして参考価格情報を集めましょう!その後実際に見に来てもらって、実際の買取価格を収集してから業者間で価格競争させることが大切です!ちなみに「試しに自分の車の価格を知りたい。」という軽い気持ちでの利用もOKです!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手どころに一括で見積もりをとることができます。ここさえおさえておけば他のところで見積もりを取る必要は特にありません。

廃車ラボ

こちらは不動車・事故車・放置車・鍵なし車など、一般的な買取業者ではなかなか値段がつかないような車専門の買取業者です。廃車の引き取り費用・廃車手続き代行費用・スクラップ費用もすべて無料でやってくれます。全国対応ですので難ありな車を売りたい方におすすめです!

ちなみにガリバー には「ガリバー廃車パック」という廃車専用のプランがあり、査定価格0円の場合でも無料で引き取りから廃車手続き、税金や強制保険の還付金手続きまで行うというサービスがあります。

※ 人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター
ハナテン(8710)
カーリンク
COW-COW