top > 車種別車を高く売る方法 > 911

911を買取でさらに高く売る方法をグレード年式別に解説!

911が高く売れるイメージ画像

911のタイプ・JC08モード燃費(km/L)・全長・全幅・全高・エコカー減税・新車価格帯・中古車相場価格帯などをまとめ、買取状況や高く売るコツもご紹介!911を高く売るならこちらから

最も高く売れた方法

本題に入る前に、車を高く売ることができる2種類のサービスをご紹介しておきます!

公式:かんたん車査定ガイド

自分で複数の買取業者を競争させるならこれ!

公式:ユーカーパック

自分で競争させる必要なし!オークション形式で自動的に価格を上げるならここ!

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

こんな911をお持ちなら高く売れる可能性"大"!

高く売れるグレード

  • カレラ
  • カレラ4GTS
  • ターボS

高く売れるカラー

  • カレラホワイトメタリック
  • ジェットブラックメタリック
  • プラチナシルバーメタリック

高く売れるオプション

  • ポルシェセラミックコンポジットブレーキ
  • PDK
  • レザーシート

911ってどんな車?

ポルシェ911の画像
メーカー 車名 タイプ 燃費
ポルシェ 911 スポーツ 7.2~11.0km/L
全長 全幅 全高 エコカー減税
4500~4545mm 1810~1880mm 1270~1305mm
室内長 室内幅 室内高 排気量
-mm -mm -mm 3436~3800cc
新車価格帯 中古車相場価格帯 ※直近5年前後
1178万~2516万円 750万~2430万円

911は、ポルシェが1964年から製造・販売しているスポーツカーです。ポルシェの歴史を語るうえで欠かせない一台といえます。それだけに、多くのファンを持つ車種となっています。

ポルシェ911は、ポルシェのみならず全メーカーのスポーツカーを象徴する一台といわれています。ポルシェの社是である最先端のエンジニリアリングを常に追求し続けた結果、生み出されたクルマが現在の911です。

911には、この車種の象徴ともなった水平対向6気筒エンジンが搭載されています。3.4リッターエンジンは最高出力257kW(350PS)、3.8リッターエンジンは最高出力294kW(400PS)を発生します。

ダイレクトフューエル・インジェクションとバリオカム・プラスが採用されたことにより、パワーが一層向上するとともに燃費消費量が低減しています。

まさに、最先端のエンジニアリングの結晶ともいえるエンジンです。このエンジンの駆動力は高効率な7速マニュアルトランスミッション、または駆動力を途切れることなく瞬時にシフトチェンジするデュアルクラッチトランスミッション「ポルシェ・ドッペルクップルング」を介してリアホイールに伝えられます。

これにより、誰もが圧倒される走行を実現しています。

以上のほか、シャシーにも最先端のエンジニアリングが活用されています。ポルシェ・トルク・ベクトリングおよびポルシェ・トルク・ベクトリングプラスは、走行安定性を極限まで高めます。これにより、圧倒的な動力性能をフルに発揮することができます。

以上の通り、誰もが憧れる車がポルシェ911です。非常に高く評価されているクルマの一つです。

911の買取状況

高値買取のグラフ

911の買取価格は高値で推移しています。長い歴史を誇る人気車種なので、今後も買取価格が大きく崩れることは考えられません。オーナーにとっては売却を進めやすいクルマと評価できます。

また、年式や走行キロ数の条件が下がっても、買取価格に大きな影響が現れない点もポイントです。もちろん、これらの条件により評価は変動しますが、極端な影響を受けることは少ないのでこの点も安心です。

非常に高額な車種なので、売却に当たっては慎重に中古車買取店を選ぶ必要があります。査定額が1割違うだけで大きな金額差になってしまいます。出来るだけ高値で売却したい方は、中古車一括査定をご利用になるとよいでしょう。

複数の中古車買取店から査定を受けることができるので、条件の良い店舗を簡単に見つけることができます。納得できる査定額を提示した中古車買取店を3つほどピックアップし、価格交渉を行えば、満足できる金額が得やすいといわれています。

911のハイグレードは外国車専門店で高く売る!

911のハイグレードの画像

以下に、ガリバーの買取価格を参考にした991型の買取事例・査定額を表記します。

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
911 ターボ 平成27年式
(2015年式)
1万km 2018年2月 1370.9万円
911 カレラS 平成26年式
(2014年式)
3万km 2018年1月 822.7万円
911カレラ 平成26年式
(2014年式)
2万km 黒M 2018年1月 758.1万円
911カレラ 平成25年式
(2013年式)
3万km 2018年3月 637.5万円
911 カレラS 平成24年式
(2012年式)
7万km シルバー 2018年2月 563.4万円
911 カレラ4S 平成25年式
(2013年式)
8万km パール 2018年3月 374.5万円

ポルシェ911の現行モデル991型は2011年から販売されています。

2000年代初頭の996型があまりに不評で人気が急降下し、その影響で買取価格も安値傾向にありましたが、991型はポルシェらしいシルエットと走行性能を取り戻したことによって人気が回復しました。買取価格も以前に比べると高く売れる傾向にあります。

ただし、高く売れるといっても販売価格そのものが高いので、買取価格は相対的に見れば高値ですが新車販売価格からの値下がり率は大きく、2267万円のターボはわずか2年で1000万円近くの値下がり幅が見られます。

これはポルシェだけに限ったことではなく輸入車の中で高級になるほど、その傾向が顕著になります。

価格が高くなるほど構造が難しくなって部品も高価になり、修理する場合も技術力が必要になります。また高い車種ほど売れる見込みが少なくなって在庫化しやすいので、販売店は安く買って高く売り、利益を多めに取ろうとします。

911でターボやGTSといった高価な車種をさらに高く売るなら、ガリバー のLIBERALA(リベラーラ)など資金力のある外国車専門店へ売却することが最善策です。

911でもっとも値下がり率が少ない車種はカレラです。新車販売価格は1244万円ですが、3年落ち3万km以内であれば故障発生率が低いことから一般の買取業者でも買いやすいため、700~800万円が相場となります。

ただし標準状態のMTでは市場価値が下がるのでこの価格まで届きません。高く売るにはツーペダルで操作できるPDKであることを強くアピールしてください。

室内色や素材などオプションを少し装着してあるだけで、買取価格は簡単に100万円以上を引き出せます。

空冷式エンジンを搭載した911は確実に高く売れる!

空冷式エンジン911の画像

以下に、ガリバーの買取価格を参考にした991型以前の買取事例・査定額を表記します。

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
911 ターボ 平成19年式
(2007年式)
3万km 黒M 2018年2月 563.4万円
911 カレラ4クーペ 平成2年式
(1990年式)
4万km 2018年1月 544.4万円
911カレラ4S 平成19年式
(2007年式)
7万km 黒M 2018年1月 430.4万円
911カレラクーペ 平成6年式
(1994年式)
7万km グレー 2018年3月 321.4万円
911 ターボ 平成15年式
(2003年式)
3万km ベージュ 2018年1月 282.0万円
911 カレラ2クーペ 平成2年式
(1990年式)
13万km 2018年4月 247.2万円

991型より以前に販売された車種の中で高く売れるのは2004年から2011年までの997型、空冷エンジンの993型や964型です。

とくに1989年から1993年まで販売された964型はボディ構造をモノコックに代えた初代に相当する車種で、80%もの部品の入れ替えを行っていながら、ポルシェらしいシルエットを頑なに守っており、現在でも中古車市場で人気があります。

ポルシェの空冷対抗エンジンは水冷エンジンにない独特のサウンドを発するため、ポルシェファンから圧倒的な支持を得ています。

グレードによっては997型をしのぐ買取価格がついており、すでに25年以上前のカレラ4クーペ走行距離4万kmには約544万円の買取価格がつきました。

空冷対抗エンジンは比較的メンテナンスがしやすいと言われていますが、それでもエンジンやステアリングラックからのオイル漏れはつきもの。またクラッチがヘタっていたりすると買取価格が下がります。

高く売れるのは比較的状態の良い車種ですが、それでも空冷対抗エンジンは大きなセールスポイントです。オイル漏れでもクラッチが多少滑っていても高値を目指してください。

996型の911は内装のオプションをアピールして高く売る

996型の911の画像

1997年から2004年まで販売された996型は911史上、もっとも酷評された車種です。空冷から水冷に変わったことは時代の流れから仕方ないこととしても、コスト削減のためにボクスターとの共用部品を多用したこと、ヘッドライトを涙目にしたことなどがポルシェブランドを落とした理由とい1われています。

マイナーチェンジでヘッドライトを丸目に変えたターボでさえ、2003年式走行距離3万kmで282万円しかついていません。

また内装も他の型に比べるとチープなので、革張りシートなどのオプションが装着されていれば高く売れる可能性があります。

そのためにはネットの 一括査定サイトを利用、スポーツカー専門やポルシェ専門の買取業者も含めて複数業者に査定依頼することが大切です。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~5000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

グーネット買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る