top > 査定価格・買取相場表 > ミライースを売る際の買取相場表

その査定価格本当?ミライースを売る際の買取相場表

ミライース

ダイハツのミライースはエントリーモデルのミラを燃費効率特化型に改良した派生車種です。初代のエクステリアはミラとあまり変わりありませんでしたが、2017年のフルモデルチェンジでは専用のデザインが与えられました。

買取対象車は2011年から2017年まで販売された初代となります。新型登場によって若干安値傾向となったものの、優れた経済性から中古車市場では確実に売れる車種となっており、安定した査定額で推移しています。

\1番多くの買取店に見積もり依頼ができるのはココ/

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

ミライースの買取実績・査定額

※買取相場は中古車買取最大手ガリバー の査定実績による(2017年7月時点)

車種・グレード 年式 走行距離 カラー 査定時期 査定額
ミライースG
SA
平成26年式
(2014年式)
2万km ライト
ブルー
2017年2月 50.7万円
ミライースX
リミテッドSA
平成27年式
(2015年式)
1万km 2017年1月 46.7万円
ミライースL
スマートセレクションSA
平成26年式
(2014年式)
4万km 2017年1月 45.7万円
ミライースX 平成26年式
(2014年式)
3万km 2017年1月 41.6万円
ミライースX
SA
平成26年式
(2014年式)
2万km シルバー 2017年1月 36.6万円
ミライースL 平成26年式
(2014年式)
2万km 2017年3月 32.5万円
ミライースX 平成24年式
(2012年式)
3万km シルバー 2017年1月 30.5万円
ミライースX 平成24年式
(2012年式)
2万km 2017年3月 28.5万円
ミライースX 平成24年式
(2012年式)
5万km 2017年2月 23.5万円
ミライースX 平成24年式
(2012年式)
6万km シルバー 2017年1月 23.3万円
ミライースL 平成25年式
(2013年式)
6万km 2017年2月 19.3万円
ミライースL 平成23年式
(2011年式)
6万km ライト
ブルー
2017年3月 16.3万円
ミライースG 平成23年式
(2011年式)
11万km シルバー 2017年5月 6.1万円

ミライースはダイハツ最新の燃費効率システムを搭載していますが、エントリーモデルというスタンスは変わらず低価格で販売していることが大きな魅力となっています。初代では最廉価版が81.8万円、ハイグレードのGでも約115万円でした。

査定額は販売価格に比例しているため安く思えますが、下がり幅は平均レベルです。

中古車市場ではミライースの経済的なメリットがパーソナルユースだけでなく、営業車としても需要が高いことから状態さえ良ければ確実に売れることが安定した査定額につながっています。

3年落ちミライースを業者と交渉するなら査定46万円を下限に設定

3年落ちで最高値となったのは2014年式走行距離1万kmのハイグレードGで、50.7万円です。

中古車販売店では1年新しい2015年式走行距離2万kmの同グレードが95~105万円で販売されているのを考えると、かなり高額で買い取られた実績となっています。

相場基準はむしろ2015年式走行距離1万kmのXリミテッドSA46.7万円が妥当です。

3年落ちの場合、走行距離は3万km以内であれば査定に大きな影響は出ません。買取業者と交渉する時は46万円前後を下限として交渉することをお勧めします。

5年落ちミライースの査定が高値になる2つの要因

ミライースは2011年から販売されているので10年落ちがなく、5年落ちがボリュームゾーンとなります。

5年落ちでボーダーラインとなる要素は2つあります。

1つは2013年にマイナーチェンジを行って燃費効率を格段に向上させたため、それ以前となる2012年式は査定額の差が閻くこと、もう1つは走行距離が5万km以上になることです。

2014年式走行距離2万kmのミドルグレードLは32.5万円の査定額をつけられていますが、2012年式同走行距離でハイグレードのXは28.5万円と4万円の差額が発生しています。

またマイナーチェンジ前の同じ2012年式でも走行距離3万kmのXに28.5万円の査定額がつけられていることに対して、走行距離6万kmの同グレードXは23.5万円と5万円安になっています。

ミライースを少しでも高値で売却するのであれば、5万km走行前に検討するのが得策です。

まとめ

初代ミライースは2014年のマイナーチェンジでダイハツの最新技術「e:sテクノロジー」を搭載して最終的にはJC08モード35.2km/Lを達成しました。

2代目となるニューモデルはエクステリアこそ刷新したもののエンジンユニットは初代を継承しており、JC08モードは変わっていません。

経済性を重視する中古車ユーザーにとっての価値観は初代も2代目もあまり変わりないので、今後、査定依頼が増える初代の後期モデルは現在の買取相場よりも上がると予想されます。

買取業者と交渉する際は、走行距離3万km未満で状態が良ければ60万円を下限に設定して交渉に臨んでも成立する可能性が十分にあります。

ただし買取業者の需要や流通情報によって査定額は変わるので、できるだけ複数の業者に査定依頼し、その中から高値をつけたところと最終交渉するのがミライースを高値で売却するコツとなります。

車買取人気ランキング

あなたに合った売却方法は?

現在、車の売却方法は買取業者や下取りだけではなく、オークション形式や特定車種に強い買取店などさまざまな方法があります。自分に最も合った売却方法を選んで最も高く売れるようにがんばりましょう!

かんたん車査定ガイド

車を売りたい方は1度は利用する定番の一括査定サイトです。ガリバーやカーチス、アップル、カーセブンなど大手最大10社に一括で見積もりをとることができます。大手の安心が欲しい方にメリットがある売却方法です。

ユーカーパック
ユーカーパック

ユーカーパックは従来の買取業者への一括査定とは異なり、ユーカーパックオークションに加盟している1500~2000社の販売店同士が競り方式で買取価格を決定します。売りたい金額を設定することができますので、自分が納得した価格で車を売れるというメリットがあります。競り状況はスマホで随時確認可能です。

Goo買取
グー買取

中古車検索 グーネット(Goo-net)で有名なGooの一括査定サービスです。加盟店が1500~2000社とかんたん車査定ガイドよりも多く、SUVに強い、ミニバンに強いなど、特定車種の高価買取に特化した街の買取店まで比較できるというメリットがあります!

※人気車から不動車まですべての車に価値がありますので、どちらか一方又は両方に一度買取査定をとってみましょう!

車買取人気ランキング
車の買取査定とは?
車買取と下取りの違い
車買取は高く売れるのか?
車買取業者とは
安心できる車買取業者の見分け方
車買取依頼の流れ
車買取のメリット・デメリット
車買取に必要な書類
車買取の疑問・質問
車買取でよくあるトラブル
査定でチェックされるポイント
査定額の算出方法
3つの相場から考える
車を売るさまざまな方法
安心できる車の売却方法
車買取は安心安全
車の個人売買の危険性
車が高く売れる時期
車の売却価格が安くなる時期
高く売れる車の特徴
高く売れない車の特徴
売却益は次の車の資金に
廃車とは
車買取業者間で価格競争させる!
車買取一括査定を活用しよう!
売りたいと思った時に売ろう!
スピードが大切!
点検整備記録簿を用意しよう!
洗車はどれぐらいまですべき?
モデルチェンジ前に売ろう!
高く売れる時期に売ろう!
改造車は純正に戻そう!
傷やへこみは直さずに売ろう!
車買取業者の役割
車買取業者のシェア
良い車買取業者の特徴
悪い車買取業者の特徴
車買取業者の査定員とは
車買取業者の利益の出し方
出張査定は無料
手続きはすべて代行してくれる
車の査定基準
日本車は海外で人気
ガリバー
ラビット
T-UP(トヨタ系)
アップル
カーチス
カーセブン
ユーポス
ビッグモーター

ページの1番上へ戻る